[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「再生600万」の衝撃拡大 “1人アリウープ”に米メディアも絶賛「常軌逸したダンク」

「再生600万」の衝撃拡大 “1人アリウープ”に米メディアも絶賛「常軌逸したダンク」

米プロバスケットボールのNBAファイナルで、キャバリアーズのレブロン・ジェームズが“1人アリウープ”を炸裂。驚愕のシーンをNBA公式がSNSに動画付きで公開すると、1日で再生回数は計600万回を突破し、米ファンに「真の王」「天才だ…」「レブロンは漢だ」と衝撃が広がっていたが、米メディアも「常軌を逸したセルフアリウープダンク」「モンスターダンクで地元観衆を歓声へ誘った」と絶賛。反響が拡大している。

レブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】
レブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】

ジェームズが演じた衝撃ダンクを米メディアも続々特集「モンスターダンク」

 米プロバスケットボールのNBAファイナルで、キャバリアーズのレブロン・ジェームズが“1人アリウープ”を炸裂。驚愕のシーンをNBA公式がSNSに動画付きで公開すると、1日で再生回数は計600万回を突破し、米ファンに「真の王」「天才だ…」「レブロンは漢だ」と衝撃が広がっていたが、米メディアも「常軌を逸したセルフアリウープダンク」「モンスターダンクで地元観衆を歓声へ誘った」と絶賛。反響が拡大している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 全米がクギ付けになった一本のダンクの反響が広がっている。圧巻の“1人アリウープ”が生まれたのは6日(日本時間7日)のNBAファイナルのウォリアーズ戦だ。

 第1ピリオド、残り9分。3ポイントエリア内中央、立ちはだかった相手マーカーを華麗なフェイントで突破。フリーになった次の瞬間だった。ジェームズはふわっとボールを右手で放り、バックボードに当てると一気に跳び上がった。驚異的なジャンプ力で舞い、誰にも触れさせない。そして、跳ね返ったボールを右手でリングに叩き込んだのだ。

 圧巻の“1人アリウープダンク”炸裂に一気に沸き上がる会場。実況も大興奮で伝え、たったワンプレーで熱狂を呼んでみせた。NBAは公式ツイッターに「イエス、彼が成し遂げた!」、公式インスタグラムに「レブロン・ジェームズがバックボードを活かす」とつづり動画を公開。すると、1日で再生回数は600万回を突破し、大反響となっている。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー