[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

10年ぶりV逃した36歳藤田さいきの泣き笑い「主人と全英へ…あ、旅行じゃないか(笑)」

全英女子OP出場へ「あれ、パスポート大丈夫かな…」

 だが、藤田はここからギアを入れた。左に池が広がる16番パー3では、グリーン左5ヤードに切られたピンを果敢に狙った。17番パー5では第3打をピン下4メートルにつけ、スライスラインのバーディーパットを沈めた。今度は右下に右拳を出した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 再び灯った優勝への希望。藤田は18番パー4で勝負を決めるべく、残り120ヤードからの第3打をグリーン左4ヤードに切られたピンに向けて放った。その弾道を見て、観客は「あ~、池に」と声を上げた。だが、ボールは石垣で大きく跳ねてグリーン右側のバンカーへと向かった。最後に残された幸運だった。藤田は「ここからパーを拾う」と気持ちを込めた。だが、結果はボギー。目の前にあった勝利をつかむことはできなかった。

「完璧な(パー)パットでした。でも、(左に)抜けてしまいました……」

 ひとしきり悔しさを口にした後、藤田は自ら「全英には行きます」と切り出した。実は前夜、夫に「優勝して全英に行こう」と言われていたという。

「優勝で全英ではなかったですけど、全英には行きます。この歳でこんな立派な資格で挑戦できるなんて、ビックリです」

 2005年からプロ生活を送る藤田だが、海外メジャー戦には縁がなかった。

「(海外)メジャー、初めてです。いや、うれしいですね。あれ、パスポート大丈夫かな……。何年か前に更新したはずだけど、確認しなきゃ。まあ、(11年11月22日に結婚した)主人と新婚旅行に行けていないので、行ってきま~す。主人は海外初めてなんです。あっ、旅行じゃないか(笑)」

 優勝は逃したが、今季3度目の2位。36歳にして強さを増す藤田は、「こういう緊張の中でも戦えるゴルフはできました。まだ6月ですし、西郷(真央)さんのように何度も2位になって勝てればいいと思います」と言った。明るくてタフなベテラン。その存在感に揺るぎはない。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集