[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、逆転狙ったドネアの左フックを神回避していた SNS衝撃「避ける動き凄い」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した。SNS上では、KO前に披露していた“神回避”も話題に。「どちらにとっても危険すぎる」「これを避ける井上ヤバい……」と一瞬の攻防がファンに衝撃を与えていた。

ノニト・ドネアに左を打ち込む井上尚弥【写真:荒川祐史】
ノニト・ドネアに左を打ち込む井上尚弥【写真:荒川祐史】

ドネアの宝刀左フックを瞬時に避ける

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した。SNS上では、KO前に披露していた“神回避”も話題に。「どちらにとっても危険すぎる」「これを避ける井上ヤバい……」と一瞬の攻防がファンに衝撃を与えていた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 次元の高い攻防だった。井上は、初回終了間際に右ストレートでダウンを奪取。ドネアは何とか立ち上がったが、2回も井上が攻め立てた。残り2分20秒、ロープ際に追い込んで強烈な右を打ち込んだところで、逆転を狙うドネアがカウンターで左フックを繰り出した。顔面にパンチをもらいながら放った得意の攻撃。しかし、井上は瞬時に頭を動かし、間一髪で回避していた。

 2019年WBSSトーナメントの決勝で、井上は2回にこの左フックを受けて大ダメージを負った。今回は顔面に大きな傷を作ることもなくドネアを圧倒。一瞬の攻防にツイッター上の日本人ファンは「これを避ける井上ヤバい……」「ドネアの相討ちカウンター左フックを避ける動きすごいな」と衝撃を受けていたほか、「どちらにとっても危険すぎる。ドネアにしか打てないカウンターだと思う」「このタイミングで打てるのすごすぎ」とドネアの意地にも注目が集まっていた。Amazon プライム・ビデオで独占生配信されたこの一戦。同サービスの初日配信史上1位を記録するなど好評を博していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集