[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子を評価 米ツアー先輩・宮里藍「土台ができた…と偉そうに見てます(笑)」

国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディスが19日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で開幕する。今季から米女子ツアーを主戦場にしている渋野日向子(サントリー)は一時帰国し、昨年11月以来となる国内参戦。17日は元世界ランク1位で、2017年限りでツアーを引退した宮里藍が取材に応じ、渋野の活躍ぶりを「アメリカのコースに対応できている」と評価した。

トークセッションに参加した宮里藍(前列中央)【写真:編集部】
トークセッションに参加した宮里藍(前列中央)【写真:編集部】

19日からブリヂストンレディスオープン

 国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディスが19日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で開幕する。今季から米女子ツアーを主戦場にしている渋野日向子(サントリー)は一時帰国し、昨年11月以来となる国内参戦。17日は元世界ランク1位で、2017年限りでツアーを引退した宮里藍が取材に応じ、渋野の活躍ぶりを「アメリカのコースに対応できている」と評価した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 宮里はこの日、ブリヂストン契約プロとして、大会に出場するアマチュア11人、プロ5人とトークセッションを行った。終了後、取材陣に囲まれると、渋野が今大会に出場することを「出場することも知らなかったのですが、うれしいです。調子が良さそうですし」と喜んだ。

 また、自身も経験した米女子ツアーで、渋野が1年目からメジャー初戦・シェブロン選手権で4位、ロッテ選手権では優勝争いをして2位と好成績を残していることにも「見ている限り、コースに対応できると思いますし、彼女の力を発揮する土台ができた感じがします。と偉そうに見ています(笑)」と高く評価した。

 宮里は高3の03年秋にプロデビューし、04、05年と国内で戦った後に渡米した。1年目は苦労しながらも、全米女子プロ3位、全英女子オープン9位とメジャーで強さを発揮した。「1年目は楽しい思い出しかないです。自分の知らないゴルフを見て感じて、移動も苦になりませんでした。日本にない芝質でプレーすることも楽しかったです」と当時を振り返った。

 その上で、既に全英女子オープンを制している渋野について「結果を求められがち」としながら、「言うてもまだ1年目ですし、メジャーはセッティングも変わります。移動、環境の変化に対応するのには時間がかかりますし、これからのために積み重ねることがすごく重要です」とエールを送った。

 宮里は同ツアー2年目の07年にドライバーイップスにかかり、辛い時期も過ごしている。その経験があるからこそ、渋野について冷静な見方を示した。それでも、「日向子ちゃんは見ていて楽しそうにプレーしているので、それはうれしいです」とコメント。取材を受けた時点では顔を合わせてはいなかったが、渋野らしさが続くことを強く願っている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集