[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界陸上前にまず1勝 2度目の100m9秒台へ、小池祐貴の挑戦「自分の体に耳を傾けて」

陸上・織田記念国際が29日、エディオンスタジアム広島で行われ、男子100メートル決勝は小池祐貴が10秒49(向かい風3.3メートル)で優勝した。予選から大雨に加え、気温は15度を下回る悪条件。今大会は9月に行われるアジア大会(中国・杭州)の選考会の一つに設定されている。

織田記念国際、男子100メートル決勝で優勝した小池祐貴は他の選手と健闘を称え合った【写真:奥井隆史】
織田記念国際、男子100メートル決勝で優勝した小池祐貴は他の選手と健闘を称え合った【写真:奥井隆史】

陸上・織田記念国際

 陸上・織田記念国際が29日、エディオンスタジアム広島で行われ、男子100メートル決勝は小池祐貴が10秒49(向かい風3.3メートル)で優勝した。予選から大雨に加え、気温は15度を下回る悪条件。今大会は9月に行われるアジア大会(中国・杭州)の選考会の一つに設定されている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 決勝は雨がやんだものの、気温は低いまま。それでも、選手たちは広島の観客の前を駆け抜けた。小池は東京五輪代表の貫録を見せ、7月のオレゴン世界陸上に向けてまず1勝。強い向かい風に終盤は体を浮かされる感覚があった。「風が強くて押されながらのレースでした。(向かい風3.3メートルは)まあ許してあげようかなという感じです」と笑った。他に日本代表クラスのいない決勝。「誰と走っても走りを変えずにやっていた」と振り返った。

 午前中は土砂降りの中、今季国内初戦で10秒42(追い風0.3メートル)の組1着、全体トップでA決勝進出。昨年日本選手権覇者の多田修平は10秒57(向かい風0.7メートル)で組5着、東京五輪400メートルリレー代表のデーデー・ブルーノは10秒89(向かい風2.4メートル)の組5着でA決勝に残れなかった。

 世界に近づくため、小池は試行錯誤をやめない。スタート時の前足を左右入れ替えたり、ピッチを変えたり「今までは実験的にやってきた」といろんなパターンにトライ。その中で持ち味の中盤の強さを高めることを意識してきた。「スタートは80点くらいで出て、顔が起きてから全員をかわす」。データを見返し、トップスピードが70メートル付近までに来るスタイルを貫いた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集