[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マリナーズ有望株に続く微妙判定、今度は1打席に2度も… 監督抗議「これは間違ってる」

米大リーグ・マリナーズは28日(日本時間29日)、敵地レイズ戦の6回にフリオ・ロドリゲスへのストライク判定を巡り、抗議したスコット・サービス監督が退場処分に。ロドリゲスには開幕から厳しい判定が続き、数日前にマリナーズはMLBに意見書を提出しており、サービス監督は試合後「野球をやらせてあげてくれ」などとコメントを残している。

マリナーズのフリオ・ロドリゲス【写真:ロイター】
マリナーズのフリオ・ロドリゲス【写真:ロイター】

フリオ・ロドリゲスの1打席で2度発生、抗議したサービス監督は退場処分に

 米大リーグ・マリナーズは28日(日本時間29日)、敵地レイズ戦の6回にフリオ・ロドリゲスへのストライク判定を巡り、抗議したスコット・サービス監督が退場処分に。ロドリゲスには開幕から厳しい判定が続き、数日前にマリナーズはMLBに意見書を提出しており、サービス監督は試合後「野球をやらせてあげてくれ」などとコメントを残している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 6回2死走者なしで打席に立ったロドリゲス。カウント2-1からの4球目、高め直球を見逃した。中継画面のゾーン表示では外れていたが、シェーン・リベンスパーガー球審はストライクの判定。さらに、3-2からの6球目は同じような高さに来た変化球。ロドリゲスは同様に見逃したが、またもストライク判定で見逃し三振となった。

 マリナーズのサービス監督はリベンスパーガー球審に詰め寄って抗議したが、退場処分に。米地元紙「シアトルタイムズ」は試合後の指揮官のコメントをこう紹介している。

「フリオ・ロドリゲスに起きていることは正しいことではない」
「フラストレーションが溜まる。あそこまで上手く対処する選手はいない。彼は言い返したり、取り組み方を変えたりしない。彼はボール球を追いかけない。でもこれは間違っている。21歳なんだ。野球をやらせてあげてくれ」

 こう語った背景には、ロドリゲスが開幕から厳しい判定が続いていることにある。

 同紙によると、ゾーン外の球をサードストライク(見逃し三振)として取られた今季これまで10度あったという。また「数日前、マリナーズはMLBに意見書を提出していた。ロドリゲスに対する、特にサードストライクに関する不公平な判定について抗議していた。マリナーズは多くのスタットキャストのデータや映像を意見書に添付したとされる」と試合前時点でのチームの対応を紹介している。

 ロドリゲスはドミニカ共和国出身の21歳。昨季は東京五輪に出場し、同国の銅メダル獲得に貢献した。イチロー氏の“愛弟子”と知られ、MLB公式サイトの有望株ランキングで全体3位。今季メジャーデビューを果たした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集