[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

115kg挑戦者を卒倒させたフューリーの右アッパーに米メディア戦慄「年間最高KO候補だ」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチは23日(日本時間24日)、王者タイソン・フューリーが挑戦者ディリアン・ホワイトとの英国対決を6回TKOで制し、王座防衛に成功した。決着をつけたトドメの右アッパーに米メディアは戦慄。「ESPN」は「残忍な右アッパーカットで試合を終わらせた」とレポートした。

WBC世界ヘビー級タイトルマッチでタイソン・フューリーが6回TKOで防衛に成功【写真:AP】
WBC世界ヘビー級タイトルマッチでタイソン・フューリーが6回TKOで防衛に成功【写真:AP】

フューリーがホワイトに6回TKO勝ち、王座防衛に成功

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチは23日(日本時間24日)、王者タイソン・フューリーが挑戦者ディリアン・ホワイトとの英国対決を6回TKOで制し、王座防衛に成功した。決着をつけたトドメの右アッパーに米メディアは戦慄。「ESPN」は「残忍な右アッパーカットで試合を終わらせた」とレポートした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 終始試合を支配していたフューリー。決着は6回だった。ホワイトの顎に強烈な右アッパーを打ち込んだ。そのまま両手で押すと、計量で114.9キロだったホワイトはキャンバスに仰向けに倒れ込んだ。戦意喪失状態でTKOとなり、ウェンブリースタジアムに集まった9万4000人の観衆は熱狂した。

 この決着シーンを米メディアが続々とレポート。米スポーツ専門局「ESPN」は「残忍な右アッパーカットで試合を終わらせた」「この日143発のパンチの放ったフューリーは“ファイトエンディング”ショットをお見舞いした」などと状況をつづった。

 米専門誌「ザ・リング」は「美しいドンピシャのアッパーカットで相手をリングの真ん中でとらえた。これが決定打となった」と評した。また、この試合を「早くもノックアウト・オブ・ザ・イヤーの候補となった」と絶賛していた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集