[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

週末の女子ゴルフ地上波中継で生まれた名場面に反響 黄金世代の絆に「感動です!」

国内女子ゴルフのフジサンケイレディス(静岡・川奈ホテルGC富士、6447ヤード、パー71)最終日は24日、23歳高橋彩華(東芝)が5バーディー、3ボギーの「69」で回り、通算12アンダーで初優勝を完全Vで飾った。前週の植竹希望に続く「黄金世代」の優勝で、世代11人目となる戴冠。18番ホールでは、その「黄金世代」の大里桃子が待ち受け、互いに涙を流した。感動シーンにファンももらい泣きした。

フジサンケイレディス、初優勝を飾り涙を流しながら喜ぶ高橋彩華【写真:Getty Images】
フジサンケイレディス、初優勝を飾り涙を流しながら喜ぶ高橋彩華【写真:Getty Images】

女子ゴルフ・フジサンケイレディス最終日

 国内女子ゴルフのフジサンケイレディス(静岡・川奈ホテルGC富士、6447ヤード、パー71)最終日は24日、23歳高橋彩華(東芝)が5バーディー、3ボギーの「69」で回り、通算12アンダーで初優勝を完全Vで飾った。前週の植竹希望に続く「黄金世代」の優勝で、世代11人目となる戴冠。18番ホールでは、その「黄金世代」の大里桃子が待ち受け、互いに涙を流した。感動シーンにファンももらい泣きした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 地上波中継されていた運命の瞬間。日曜の午後に、お茶の間のゴルフファンも涙した。18番。高橋が迎えた50センチのウィニングパット。落ち着いて沈めると、熱いものがこみ上げてきた。目元を抑え、涙を拭う。川奈に降りしきる雨が、祝福のシャワーのように映った。最終日最終組を9度経験しながら届かなかった優勝。同組だった「黄金世代」の木下彩と抱擁、さらにすでにホールアウトしていた大里も待ち受けていた。

「私が(大里を)ずっと待っている立場だったので、待ってくれて、泣いてくれて……それもうれしかったです」と明かした高橋。同じ世代で鎬を削り、苦楽を共にしてきたからこそ、共有できる感情もあったのだろう。なんとも印象的なシーンをJLPGA公式ツイッターが紹介すると、ファンからは「黄金世代のみんなが喜ぶ姿、感動です!」「初優勝の女子プロの涙こそ素敵なものはないね」などの声が上がっていた。

 渋野日向子、勝みなみ、原英莉花らに続く世代11人目の優勝。「みんな上手で、どんどんみんなが勝って行って、私だけ置いて行かれる気がした。でも、それが刺激になっていたので。そのおかげで勝てたのかな」と高橋は良きライバルたちに感謝した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集