[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、“確信”で見逃した球がストライク判定 米ファン不満「四球だったのに」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、オリオールズ戦に「1番・指名打者」で出場。4打数無安打だった。第5打席で四球を“確信”し、一塁へ歩き出そうとするもストライク判定に。米ファンからは「これがストライク?」などと不満の声が上がっている。

最後の打席で試合2つ目の三振を喫しベンチに戻る大谷翔平【写真:ロイター】
最後の打席で試合2つ目の三振を喫しベンチに戻る大谷翔平【写真:ロイター】

一発出れば同点の9回にカウント3-0から自信をもって見逃すも…

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、オリオールズ戦に「1番・指名打者」で出場。4打数無安打だった。第5打席で四球を“確信”し、一塁へ歩き出そうとするもストライク判定に。米ファンからは「これがストライク?」などと不満の声が上がっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 1点を追う最終回で迎えた第5打席。1死走者なし、カウント3-0の4球目、外角に外れたように見える球に大谷にバットをピクリとも動かさず、見逃した。一塁へ向かおうとした直後、ストライクのコール。観客席からブーイングも起きた。米地元中継局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況も「オー! ワオ」と驚いた。

 結局、この打席は空振り三振に終わった大谷。出塁していれば、この日2本塁打の2番マイク・トラウト外野手に走者ありで繋げられていた。実際の映像を米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターが公開している。

 米ファンからは「最悪の判定だ」「審判ロボットを早く」「酷い」「ジョークだろ」「見るに堪えない」「四球だったのに」「これがストライク?」などのコメントが寄せられた。大谷はこの日4打数無安打2三振。エンゼルスは4-5で敗れ、2連敗となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集