[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、「6.7」ドネアと3団体統一戦を発表 WBSS死闘以来の再戦「続きが楽しみ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が30日、都内で会見し、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦を行うことを発表した。2019年11月以来の再戦。勝てば日本人初の3団体統一王者の偉業となる。戦績は28歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。

井上尚弥とノニト・ドネアの3団体王座統一戦を6月7日に行うことが発表された
井上尚弥とノニト・ドネアの3団体王座統一戦を6月7日に行うことが発表された

井上尚弥が次戦発表

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が30日、都内で会見し、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦を行うことを発表した。2019年11月以来の再戦。勝てば日本人初の3団体統一王者の偉業となる。戦績は28歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 試合はPrime Videoにて「Prime Video presents Live Boxing」の第2弾として独占ライブ配信される。日本のプライム会員は追加料金なしで視聴可能。第1弾では、4月9日のWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の王座統一戦(さいたまスーパーアリーナ)の独占生配信を予定している。

 会見に出席した井上は「ようやくこの再戦が決定しました。決着のついている戦いですが、ドネアが素晴らしい戦いを何試合かこなしてWBCの王者になった。楽しみにしています」と心待ちの様子。「今回は13ラウンド目。前回の続きとして、それがどう作用するか楽しみ。ドネアも自分もボクシングに対する引き出しの多さは同じくらい。リングに上がってどの引き出しを持ってくるか。本当にそこの駆け引きだと思う」と話した。

 井上とドネアは、19年11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で対戦。井上が2回に左フックを受け、右目眼窩底と鼻骨の骨折を負った。キャリア初の流血となったが、11回に左ボディーでダウンを奪取。3-0の判定勝ちを収め、多くの海外メディアで「年間最高試合」に選ばれるほど歴史的死闘を演じた。

 以降、井上は米ラスベガスで2試合を戦い、昨年12月14日には東京・両国国技館でアラン・ディパエン(タイ)に8回TKO勝ちした。かねてからの目標は、ボクシング界にある主要4団体全てのベルト統一。WBC王座を持つドネアを倒せば、日本人初の3団体統一王者となる。

 5階級制覇王者のドネアは井上戦後、昨年5月の再起戦でノルディ・ウーバーリ(フランス)に4回KO勝ちで王座奪取。同12月のレイマート・ガバリョ(フィリピン)戦も4回KO勝ちで初防衛に成功した。数々の敵をなぎ倒してきた強打の左フックを武器に、「閃光」の異名を持つレジェンドだ。

 残されたバンタム級王座は一つ。WBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は、4月22日(日本時間23日)に英リバプールでポール・バトラー(英国)と5度目の防衛戦を行う。カシメロから再三挑発を受けてきた井上は、この日の壇上でカシメロ戦について話を振られ「気持ちは上がるけど、上がり方は違う。(実現すれば)ぶっ倒すぞという気持ちで行きますけど、ドネアとの試合ならスポーツという気持ちで臨める」と話した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集