[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太「勝てねぇだろって言われてる気分」 ゴロフキンに勝算は?に返した本音とは

ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が12日、都内で会見し、日本時間12月29日にさいたまスーパーアリーナでIBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と王座統一戦を行うと正式発表した。村田にとっては2年ぶりの試合。日本人の相手としては歴代最強クラスのボクサーへの勝算について語った。戦績は35歳の村田が16勝(13KO)2敗、39歳のゴロフキンが41勝(36KO)1敗1分け。

村田諒太が囲み取材で語った本音とは【写真:荒川祐史】
村田諒太が囲み取材で語った本音とは【写真:荒川祐史】

都内の会見で村田諒太VSゴロフキンを正式発表

 ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が12日、都内で会見し、日本時間12月29日にさいたまスーパーアリーナでIBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と王座統一戦を行うと正式発表した。村田にとっては2年ぶりの試合。日本人の相手としては歴代最強クラスのボクサーへの勝算について語った。戦績は35歳の村田が16勝(13KO)2敗、39歳のゴロフキンが41勝(36KO)1敗1分け。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 言わずもがな、勝つためにリングに上がる。会見後の囲み取材。「勝算はありますか」と問われた村田は「勝算という言葉は使いたくない。ちゃんとやってちゃんと勝ちます」と力を込めた。重ねて根拠を尋ねられ「ちゃんとやってちゃんと勝ちますって言ったその言葉を飲み込んでしまうようなことを言いますが」と苦笑いし、こう続けた。

「そう言われると難しい。勝利や結果というのは神様しか知らない。ただ、勝算があるかって言われると、『勝てねぇだろ』って言われている気持ちになるわけですよ。そういう気持ちがないわけです。勝てないと思っていないということです。勝てないという気持ちでリングに上がらない。じゃあ勝つのかって言われた時にそれは神様しか知らない。ただ、勝てないというマインドはないということです」

「世界最強」の称号を欲しいままにしてきたゴロフキン。10年8月に初めて世界タイトルを獲得すると、19回も連続防衛(うち17戦連続KO)を果たした世界的スーパースターだ。主要4団体のうち3つのベルトを統一し、世界で最も権威のある米専門誌「ザ・リング」の階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で長く1位に君臨していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集