[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

森保Jの追撃に豪メディア不安 勝ち点差1「薄氷を踏む」「アジアのエリート相手に…」

森保一監督率いるサッカー日本代表は11日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5節ベトナム代表戦に1-0で勝利。グループBのライバル、オーストラリア代表との勝ち点差を1に縮めた。豪州メディアは「サッカルーズ(同国代表の愛称)は薄氷を踏む思いだ」と予選突破を不安視している。

カタール・ワールドカップ・アジア最終予選の第5節でベトナム代表戦に1-0で勝利した日本代表【写真:AP】
カタール・ワールドカップ・アジア最終予選の第5節でベトナム代表戦に1-0で勝利した日本代表【写真:AP】

豪州は最近2試合で勝ち無し

 森保一監督率いるサッカー日本代表は11日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5節ベトナム代表戦に1-0で勝利。グループBのライバル、オーストラリア代表との勝ち点差を1に縮めた。豪州メディアは「サッカルーズ(同国代表の愛称)は薄氷を踏む思いだ」と予選突破を不安視している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 オーストラリア代表は同日に行われたサウジアラビア代表戦に0-0で引き分け、勝ち点10とし2位を死守。しかし3位の日本との勝ち点差は1に縮まった。これに米スポーツ専門局「FOXスポーツ」豪州版は「ルーズは『壊滅的な』打撃に対応できる?」などと見出しを打って記事を掲載。予選突破についてこのように記した。

「日本がベトナムに勝ち、順位表でオーストラリアに勝ち点1まで迫っており、サッカルーズは薄氷を踏む思いだ」「来年の3月に行われるグループステージ最後の2試合に全てが懸かってくるかもしれない。オーストラリアでの日本戦と、敵地でのサウジアラビア戦だ」

 一気に混戦模様となった同組。W杯の出場権を自動的に得るためには2位以上に入る必要がある。豪メルボルン在住の米テクノロジー企業「スタッツパフォーム」のサシャ・ピサニ記者は、自身のツイッターで豪州代表の懸念点をこうつづっている。

「日本とサウジアラビア相手に合計1ポイント。アジアのエリートたち相手に説得力あるパフォーマンスが見られれば良かったが。好スタートを除いて、サッカルーズは本拠で少しラッキーだった。オージー(豪州)はアジアカップでもアラブ首長国連邦と韓国相手に苦戦していた」

 日本代表は16日(日本時間17日)にオマーン代表と対戦。初戦で敗れた相手に勝って、ライバル国にプレッシャーをかけられるだろうか。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集