[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ブレーブスが26年ぶりWS制覇! ソレア場外弾など一発攻勢、無失点継投でアストロズ撃破

米大リーグのワールドシリーズ(WS)第6戦が2日(日本時間3日)にミニッツメイド・パークで行われ、ブレーブスが7-0でアストロズに勝利。通算4勝2敗として、球団では26年ぶり4度目のWS制覇を成し遂げた。

26年ぶり4度目のWS制覇に歓喜するブレーブス【写真:Getty Images】
26年ぶり4度目のWS制覇に歓喜するブレーブス【写真:Getty Images】

アストロズは17年以来2度目の世界一ならず

 米大リーグのワールドシリーズ(WS)第6戦が2日(日本時間3日)にミニッツメイド・パークで行われ、ブレーブスが7-0でアストロズに勝利。通算4勝2敗として、球団では26年ぶり4度目のWS制覇を成し遂げた。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 3勝2敗と王手をかけて迎えたブレーブス。3回に強烈な一発で先制した。2死一、二塁からホルヘ・ソレア外野手が変化球を強振。打球は左翼席最後方に設置された高い壁を越える、場外弾となった。ソレアはWSこれで3本目の本塁打。飛距離446フィート(約136メートル)大きな3ランに、敵地はどよめきに包まれた。

 ブレーブスは5回にもスワンソンの2号2ラン、フリーマンの適時二塁打で3点を追加。投げてはレギュラーシーズンでチーム最多タイの14勝を挙げたフリードが好投。6回まで4安打無失点とアストロズに得点を許さなかった。

 7回、ブレーブスはフリーマンに2号ソロが飛び出し、さらに1点を追加。投手陣もフリードの後を受けたマツェック、スミスが完封リレー。リードを守り切り、球団では1995年以来、26年ぶりの世界一を掴んだ。アルトゥーベ、コレア、グリエルら強打者を擁するアストロズだったが、この日は打線が沈黙。2017年以来2度目のWS制覇とはならなかった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集