[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、“兄弟子”ハビが「彼の称賛すべきもの」と語った“日々の姿”とは

平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(ANA)。王者とともに脚光を浴びたのは羽生と同門で、スペイン史上初のメダルをもたらしたハビエル・フェルナンデスだ。メダル確定後にはリンクサイドで健闘を称え合ったシーンが話題を呼んだが、苦楽を共にしてきた羽生との関係性について「彼の日々の努力を見ていて、称賛すべきものだと感じている」と明かしている。IOCが運営する「オリンピックチャンネル」のインタビューで答えている。

羽生結弦とハビエル・フェルナンデス【写真:Getty Images】
羽生結弦とハビエル・フェルナンデス【写真:Getty Images】

同門のフェルナンデスが見てきた“一番近くにいた王者”羽生の姿

 平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(ANA)。王者とともに脚光を浴びたのは羽生と同門で、スペイン史上初のメダルをもたらしたハビエル・フェルナンデスだ。メダル確定後にはリンクサイドで健闘を称え合ったシーンが話題を呼んだが、苦楽を共にしてきた羽生との関係性について「彼の日々の努力を見ていて、称賛すべきものだと感じている」と明かしている。IOCが運営する「オリンピックチャンネル」のインタビューで答えている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 羽生が12年にブライアン・オーサー氏に師事して以来、“兄弟子”としてカナダの「クリケット・クラブ」で共に汗を流してきたフェルナンデス。互いに高め合い、競い合うことの効果は確かにあったという。 

「ユヅルと一緒にトレーニングしてきた年月は、僕らにとって良い人間や良いスポーツマンになる助けに、そして、トレーニング中により競争意識を持つ助けとなったと思う」

 インタビューでは、このように答えている。羽生がオーサー氏に教えを乞うきっかけになったのは、フェルナンデスの4回転ジャンプの精度がオーサー氏の下で変化したことを見たから、と言われている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集