[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「25歳で引退」から32歳になった金田久美子 満身創痍でもゴルフを辞められない理由

女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディスが26日、北海道・小樽CC(6775ヤード、パー73)で開幕した。金田久美子(スタンレー電気)は4バーディー、ボギーなしの69で回り、4アンダーで首位と1打差の2位発進。三ヶ島かな(ランテック)が5アンダーで単独首位発進した。

4アンダーで首位と1打差の2位発進となった金田久美子【写真:Getty Images】
4アンダーで首位と1打差の2位発進となった金田久美子【写真:Getty Images】

ニトリレディスが開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディスが26日、北海道・小樽CC(6775ヤード、パー73)で開幕した。金田久美子(スタンレー電気)は4バーディー、ボギーなしの69で回り、4アンダーで首位と1打差の2位発進。三ヶ島かな(ランテック)が5アンダーで単独首位発進した。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 金田が難コースでうまくスコアをまとめた。前半4番でバーディーを奪うと、続く5番パー4は残り155ヤードから約3メートルにつけて連続バーディー。8番は15メートルのパットをねじ込み、13番は残り127ヤードから2メートル半につけて1つずつ伸ばした。「ノーボギーは完璧ですね。このコースでボギーがないのは嬉しい」。笑顔に充実感を溢れさせた。

 前週はアクシデントに見舞われた。開幕前日の練習ラウンド中に「見えないマンホールでグキッと捻挫した」と左足首を負傷。歩くことはできたが、スイング後のフォロースルー時の痛みは耐えきれなかった。「棄権はしたくなかったけど、やってみると痛い。今後もあるので」と初日の前半終了後に棄権を選択した。

 今週も痛みは残り「練習ラウンドはせずに、ショットとパットの練習だけした」と満身創痍。アイシングを欠かさず、テーピングで固定したまま出場したが「ドライバーも振り切れないので、なんとなくてやっていたらボチボチよかった。(練習を)省エネにしたのがよかったと思います」。3月の今年初戦では「ぎっくり腰っぽいものになった」と持病の腰痛が悪化。様々な痛みと付き合いながら戦っている。

 2002年に12歳9か月のツアー最年少予選通過記録をつくるなど、早くから活躍。2011年に初優勝した“キンクミ”は、今月14日で32歳になった。「10代でプロになった頃は25歳で辞めるつもりだった。25歳になったら30歳で辞めると思っていた」と若手時代を回顧。しかし、今はゴルフから離れられない。

「成績も出していないし、まだまだやれると思っているのでやりたい。やっぱり今はゴルフのことしか考えられない。できるところまでやろうかなという考えになってきた。まだゴルフを頑張ろうと思う」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集