[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ママV若林舞衣子、亡き母に教わったこと 「後悔と決意」を込めた1575日ぶりの4勝目

女子ゴルフの国内ツアー・GMO&サマンサカップ最終日が18日、茨城・イーグルポイントGC(6657ヤード、パー72)で行われ、1打差の2位で出た33歳の“ママさんゴルファー”若林舞衣子(ヨネックス)が5バーディー、2ボギーの69。通算15アンダーで並んだ野澤真央(愛知製鋼)とのプレーオフを2ホール目で制し、逆転優勝した。2019年4月の出産後初の優勝となり、17年3月以来1575日ぶりのツアー通算4勝目。6月末に亡くなった天国の母を想い、涙を流した。観衆は1156人。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

プレーオフ2ホール目で優勝を決め、ガッツポーズをする若林舞衣子【写真:Getty Images】
プレーオフ2ホール目で優勝を決め、ガッツポーズをする若林舞衣子【写真:Getty Images】

若林舞衣子が出産後初V、3週間前に亡くなった母への想いとは

 女子ゴルフの国内ツアー・GMO&サマンサカップ最終日が18日、茨城・イーグルポイントGC(6657ヤード、パー72)で行われ、1打差の2位で出た33歳の“ママさんゴルファー”若林舞衣子(ヨネックス)が5バーディー、2ボギーの69。通算15アンダーで並んだ野澤真央(愛知製鋼)とのプレーオフを2ホール目で制し、逆転優勝した。2019年4月の出産後初の優勝となり、17年3月以来1575日ぶりのツアー通算4勝目。6月末に亡くなった天国の母を想い、涙を流した。観衆は1156人。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 若林が勝ち切った。プレーオフ2ホール目。2メートルのバーディーパットは想定よりもやや右に出たが、戻ってくる。カップへ消えた瞬間、右手を突き上げた。「本当に解放された。今週は絶対に負けたくない気持ちだったので張りつめていた」。2週連続のプレーオフ。悔し涙を流した1週間前の雪辱を果たした。

「本当は生きているうちに優勝を見せてあげたかったけど、天国で喜んでくれていたら嬉しいな」

 6月最終週のアース・モンダミンカップ最終日、母・久美子さんが72歳で亡くなった。病を抱え、入退院を繰り返していた。コロナ禍で面会も簡単にできない。ようやく会えたのは亡くなる3日前だった。「寝たきりで本当に危ないかもしれないと聞きました」。地元・新潟の病院に家族が集まった。

 プロゴルファーとして試合に出ることを選んだ。最終日は姉から「心拍数が下がっている」と聞いてスタート。「怖くて携帯を見られなかった」。ラウンド後に亡くなったことを知った。「会いに行けなかったのが本当に後悔している。自分のゴルフだけは後悔しないように自分を信じてプレーしようと決めました」。2週後、優勝のチャンスが巡ってきた。

 7月11日のニッポンハム・レディス最終日、堀琴音とのプレーオフ。3ホール目にボギーを叩き、パーだった25歳に優勝を譲った。敗れた後、インスタグラムを更新。周囲への感謝を記し、勝者を称えた。最後につづったのは母へのメッセージ。取材などでは母の訃報について明かしていなかった。

「天国へ逝ってしまったお母さん 今週は本当にお母さんが見守ってくれてる!って思うことで気持ちを強く持ち続けることができたよ。誰よりも私を信じて応援してくれてたお母さん。それを思うと、もう少し自分自身を信じてあげようと思えるよ。これからも頑張るから応援しててね!」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集