[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

レブロンが「アンフェアだ」と絶賛 名手2人の“ハーフコートショット”競演に米感嘆

米プロバスケットボール(NBA)のオールスター戦が7日(日本時間8日)にジョージア州アトランタで開催され「チーム・レブロン」が170-150で「チーム・デュラント」に勝利した。数々のスーパープレーが飛び出した祭典の中でもひと際注目を集めたのは、デイミアン・リラード(トレイルブレイザーズ)と、ステフィン・カリー(ウォリアーズ)の3ポイント競演だ。両者がハーフコートショットを沈めるシーンをNBAが公開。「史上最高のシューター2人」などと称賛が沸き起こっている。

NBAオールスター戦に出場したレブロン・ジェームズ【写真:AP】
NBAオールスター戦に出場したレブロン・ジェームズ【写真:AP】

リラード&カリーが超長距離シュートを披露

 米プロバスケットボール(NBA)のオールスター戦が7日(日本時間8日)にジョージア州アトランタで開催され「チーム・レブロン」が170-150で「チーム・デュラント」に勝利した。数々のスーパープレーが飛び出した祭典の中でもひと際注目を集めたのは、デイミアン・リラード(トレイルブレイザーズ)と、ステフィン・カリー(ウォリアーズ)の3ポイント競演だ。両者がハーフコートショットを沈めるシーンをNBAが公開。「史上最高のシューター2人」などと称賛が沸き起こっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 NBAを代表するシューター2人が魅了した。まずはリラードだ。第2クオーター(Q)残り18秒の場面、センターラインの手前から狙った。ふわりとした放物線を描いたシュートはリングに触れずにダイレクトに入った。見事なコントロールのハーフコートショットだった。

 触発されたのか、カリーも続いた。リラードが決めたわずか12秒後だ。ほとんど同じ位置、ほんのわずかにハーフラインを過ぎたあたりからシュート。まるでリプレイのような軌道で、リングに触れずに入った。ベンチにいたレブロン・ジェームズも思わず立ち上がってガッツポーズを作る、正確なハーフコートショットだった。

 NBA公式インスタグラムでは2人のシュートに「デイミアン・リラードとステフィン・カリー、第2Qをコート半分の距離から締めくくる!」と添えて動画付きで公開。これに米ファンは称賛の声を上げている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集