[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ネリが最初のターゲットになる」 米メディアがSバンタム級新王者の統一戦を予想

WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチが23日(日本時間24日)に米国で行われ、同級1位スティーブン・フルトン(米国)が王者アンジェロ・レオ(米国)に判定勝ちを収め、王座奪取に成功した。米専門メディア「ボクシングシーン.com」は、新王者の将来的な対戦相手を予想。WBC世界同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)の名を挙げ、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の存在に触れている。

スティーブン・フルトン【写真:Getty Images】
スティーブン・フルトン【写真:Getty Images】

23日にWBO王座奪取のフルトン、将来的な対戦相手に米メディア注目

 WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチが23日(日本時間24日)に米国で行われ、同級1位スティーブン・フルトン(米国)が王者アンジェロ・レオ(米国)に判定勝ちを収め、王座奪取に成功した。米専門メディア「ボクシングシーン.com」は、新王者の将来的な対戦相手を予想。WBC世界同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)の名を挙げ、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の存在に触れている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 スーパーバンタム級の王座を奪った26歳のフルトンについて、記事では「ネリが最初のターゲットになるだろう」と予想。昨年9月にWBC王座を獲得し、2階級制覇したネリはWBA正規王者ブランドン・フィゲロア(米国)との対戦が海外メディアで浮上している。同メディアはフルトン戦実現の条件として「ネリが(フィゲロアに)勝利する必要がある」とした。

 さらにWBAスーパー&IBF統一王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)、WBA暫定王者ライス・アリーム(米国)、元WBAスーパー&IBF統一王者ダニエル・ローマン(米国)が挙がる一方、バンタム級のモンスターの名前も記されている。

「フルトンはスーパーバンタム級の中では、最も生来の才能に恵まれているかもしれない。あと少しの強敵や週末のような内容でタイトル戦に勝利すれば、すぐにファンは1階級下のキングとの対決の可能性を熱望するだろう。フルトン対ナオヤ・イノウエは実現可能な究極の目的地なのか? 2021年の終わりまでには、実現するかもしれない」

 井上は当面の間はバンタム級で戦い、4団体統一を目指す意向。記事のように年内に実現する可能性は極めて低いかもしれないが、同メディアは可能性に触れているようだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集