[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マクレガー、重傷だった カーフキックで全治半年「オレの脚は完全にやられた」

米最大の総合格闘技「UFC」のコナー・マクレガー(アイルランド)は23日(日本時間24日)、UAEで行われた「UFC257」ライト級マッチ(5回×5分)で元同級暫定王者ダスティン・ポイエー(米国)に2回2分32秒TKO負けした。カーフキックで足を止められ、まさかの敗戦。試合後は松葉杖をついて帰路についたが、ダメージは大きく、180日間の出場停止となったという。米メディアが報じている。

コナー・マクレガーはダスティン・ポイエーに敗れた【写真:Getty Images】
コナー・マクレガーはダスティン・ポイエーに敗れた【写真:Getty Images】

試合後の診断で180日間の出場停止

 米最大の総合格闘技「UFC」のコナー・マクレガー(アイルランド)は23日(日本時間24日)、UAEで行われた「UFC257」ライト級マッチ(5回×5分)で元同級暫定王者ダスティン・ポイエー(米国)に2回2分32秒TKO負けした。カーフキックで足を止められ、まさかの敗戦。試合後は松葉杖をついて帰路についたが、ダメージは大きく、180日間の出場停止となったという。米メディアが報じている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 マクレガーは重傷だった。初回から優位に進めながらも、相手が執拗に繰り出したカーフキックでダメージを蓄積。足を止められると、左右の連打を浴びて敗れた。試合後は松葉杖をつき、右足を引きずりながら、痛々しい姿で会場を後にした。

 米紙「USAトゥデー」の総合格闘技専門メディア「MMAジャンキー」では試合後の医師の診断結果を伝えているが、右脛骨・腓骨へ大きなダメージを受けた可能性があり、180日間の出場停止になったという。

 同メディアによると、マクレガーは「オレの脚は完全にやられた」と認め、さらに「(キックを)阻止していたと感じたけど、(ダメージが)筋肉に浸み込んでいき、酷く傷つけられたんだ」ともコメント。ダメージの大きさを強く感じているようだ。

 近年スポットライトを浴びることの多いカーフキックの破壊力が改めて浮き彫りになった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集