[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥はカネロ超える 豪メディアが“1年後のPFP”を大胆予想「想像の範囲内だ」

ボクシングで全階級のボクサーを格付けするパウンド・フォー・パウンド(PFP)は複数の海外メディアが独自に選定しているが、「ヤフースポーツ」豪州版では2021年シーズン終了時点のPFPを大胆予想。権威ある米専門誌「ザ・リング」のPFPで2位に選出されているWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)を「世界で最も完璧なボクサーかもしれない」と称賛し、No.1候補に選出している。

井上尚弥【写真:AP】
井上尚弥【写真:AP】

「ヤフースポーツ」豪州版が2021年シーズン終了時点のPFPを予想

 ボクシングで全階級のボクサーを格付けするパウンド・フォー・パウンド(PFP)は複数の海外メディアが独自に選定しているが、「ヤフースポーツ」豪州版では2021年シーズン終了時点のPFPを大胆予想。権威ある米専門誌「ザ・リング」のPFPで2位に選出されているWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)を「世界で最も完璧なボクサーかもしれない」と称賛し、No.1候補に選出している。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

「誰が2022年1月にPFPNo.1になるのか」という特集で、筆頭に登場したのは4階級王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)だった。

「カネロ・アルバレスは現在の世界PFPでベストファイターだ。そして、2021年を通じて、この権威を保持し続けると信じることは大げさではない。彼は魅力的なファイトを組もうとするだろうし、それに勝てば、その座をキープするだろう」

 昨年12月に元WBAスーパーミドル級スーパー王者のカラム・スミス(英国)を圧倒したカネロは複数のPFPでトップに評価されているが、そんな最強王者の玉座を脅かす存在がいるという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集