[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥VSドネアは良き思い出 リング誌記者が新年に懐古「日本にもう一度行きたい」

2019年11月に行われたボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と、元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝から約1年2か月。激闘をさいたまスーパーアリーナで取材した米専門誌「ザ・リング」の記者が「日本にもう一度行きたい」と思い出を懐かしみ、日本への愛情を明かしている。

井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】

リング誌のトム・グレイ記者が新年にツイッター更新

 2019年11月に行われたボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と、元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝から約1年2か月。激闘をさいたまスーパーアリーナで取材した米専門誌「ザ・リング」の記者が「日本にもう一度行きたい」と思い出を懐かしみ、日本への愛情を明かしている。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 名勝負を現地取材した同誌のトム・グレイ記者がツイッターを更新した。モンスターとフィリピンの閃光が対峙する写真、取材パスやグッズ、東京ドームを上から撮影したもの、日本食など9枚の画像を組み合わせて公開。日本での思い出をこう振り返っている。

「東京放浪 ビッグファイトのために日本に向かうことを常に夢見ていた。そして一度実現したら、すでにもう一度行きたいと夢を見始めている。アメージングな国と、アメージングなファイト、アメイジングな時間 ドラマ・イン・サイタマ(2019年の年間最高試合)」

 井上が判定勝ちし、海外の各メディアで2019年の年間最高試合に選出された死闘。ビッグマッチを見届けたグレイ氏にとって、日本で過ごした時間が良い思い出になり、再訪を願っているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集