[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 五輪メダリスト×元大リーガー なぜ、異色の2人は気温-10度の町で指導したのか

五輪メダリスト×元大リーガー なぜ、異色の2人は気温-10度の町で指導したのか

12月3日。気温はマイナス10度。雪景色が広がる小さな町には、活気があふれていた。日本の最北端・稚内に程近い北海道天塩町の体育館では、子供たちを熱く指導する2人の元トップアスリートの声が飛び交っていた。

迫田さおり×建山義紀…雪景色が広がる北海道天塩町で小中学生96人らにスポーツ指導

 12月3日。気温はマイナス10度。雪景色が広がる小さな町には、活気があふれていた。日本の最北端・稚内に程近い北海道天塩町の体育館では、子供たちを熱く指導する2人の元トップアスリートの声が飛び交っていた。

「パスを届ける相手がどうしたら次のプレーをしやすいか、思いやってつないでいこう。何回失敗してもいい。チャレンジする気持ちが大事だよ」

 子供たちに相手を思いやる気持ちを強く伝えていたのは、元女子バレーボール日本代表の迫田さおりさんだ。ロンドン五輪3位決定戦で23得点と大活躍し、28年ぶりのメダル獲得に大きく貢献。続くリオデジャネイロ五輪にも2大会連続出場を果たした。

「今すぐにわかってくれなくていい。これからの練習でチャレンジしながら自分の形を作っていこう」

 もう一人、こう声をかけながら、挑戦する気持ちを熱く指導をしていたのは現役時代、日本ハムファイターズ、メジャーリーグのテキサス・レンジャーズなどで活躍した建山義紀氏だ。

 五輪メダリストと元メジャーリーガー。なぜ、異色の組み合わせの2人が小さな町で指導をしているのか。背景には、ソフトバンク社が社会貢献事業の一環として取り組んでいる「ICT部活動支援」を天塩町が取り入れたことがある。

 日本体育協会によると、全国の中学・高校では顧問の52%が担当部活の指導経験がなく、さらには40%が専門的な指導へ不安があるという。「ICT部活動支援」は、そんな競技・指導経験がない体育の先生や部活動の顧問、生徒により高いレベルの指導が必要な先生に向け、部活動を取り巻く課題をICTで解決し、子供たちがより良い指導を受けられる環境を整えること。そして、スマートフォンやタブレットを活用し、アスリートやプロコーチから遠隔指導が受けられるというプログラムを全国で展開をしている。

1 2 3 4
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー