[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花が抱えた黄金世代への劣等感 中学時代は「私じゃ無理」と予選会すら諦めた

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン最終日が4日、福岡・ザ・クラシックGC(6761ヤード・パー72)にて無観客で行われ、2位と4打差の単独首位で出た原英莉花(日本通運)が2位と4打差の通算16アンダーでメジャー初優勝を果たした。昨年6月以来1年4か月ぶりのツアー通算2勝目。同じ黄金世代の小祝さくら(ニトリ)との最終組対決を制し、同世代に抱いた“劣等感”を乗り越えて「女子ゴルファー日本一」に上り詰めた。

日本女子オープンでメジャー初優勝を果たした原英莉花【写真:Getty Images】
日本女子オープンでメジャー初優勝を果たした原英莉花【写真:Getty Images】

原英莉花、アマVの勝みなみや畑岡奈紗に抱いた思い「スゲーなと…」

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン最終日が4日、福岡・ザ・クラシックGC(6761ヤード・パー72)にて無観客で行われ、2位と4打差の単独首位で出た原英莉花(日本通運)が2位と4打差の通算16アンダーでメジャー初優勝を果たした。昨年6月以来1年4か月ぶりのツアー通算2勝目。同じ黄金世代の小祝さくら(ニトリ)との最終組対決を制し、同世代に抱いた“劣等感”を乗り越えて「女子ゴルファー日本一」に上り詰めた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 憧れの舞台で輝いた。原は1998年度生まれの黄金世代である畑岡奈紗、渋野日向子に続く3人目の国内メジャー制覇。涙はない。18番グリーンで両手を広げ、カメラ目線でガッツポーズを作った。日本女子オープンは6年連続6度目の出場。力強いショットを武器に栄冠を手にした。

 国内最高峰の大会である日本女子オープンは「中学生の頃から私の憧れの舞台」。当時、同世代の選手たちは予選会に挑戦していた。しかし、原は「私の実力じゃ無理だから」と遠慮して出場を見送った。初めて本戦に出場したのは高2の2015年。「こんなところでいつか勝てる日が来るのかと思うくらいのレベルだった」。予選落ちでメジャーの難コースに跳ね返された。

 活躍できるのは遥か先の未来だと感じたが、同世代は前を行く。畑岡が翌年の16年大会で優勝。「本当に自分は小さい時に全然成績が出なくて、勝みなみちゃんとか奈紗ちゃんが優勝しているのを『スゲーな』と思って見ていた」。原は劣等感を抱かずにはいられなかった。「でも、練習すれば、強い気持ちを持てば上には行けると思っていた」。劣等感の隙間には、上を目指す確かな闘争心があった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集