[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳笹生優花、「まあまあ」の内容で2位浮上 大会最年少Vへ「何も変える必要ない」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯の第2日が11日、岡山・JFE瀬戸内海GC(6640ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と2打差の5位で出た19歳の新人・笹生優花(ICTSI)は4バーディー、2ボギーの70で回り、通算6アンダーで2打差の2位に浮上した。優勝すれば、2014年鈴木愛の20歳128日を更新する19歳85日で大会史上最年少となる。

笹生優花【写真:Getty Images】
笹生優花【写真:Getty Images】

国内メジャー・日本女子プロ選手権第2日

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯の第2日が11日、岡山・JFE瀬戸内海GC(6640ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と2打差の5位で出た19歳の新人・笹生優花(ICTSI)は4バーディー、2ボギーの70で回り、通算6アンダーで2打差の2位に浮上した。優勝すれば、2014年鈴木愛の20歳128日を更新する19歳85日で大会史上最年少となる。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 笹生は前半を1バーディー、1ボギーで折り返すと、後半は4番から3連続バーディー。4番は残り133ヤードから3メートルに、5番は残り120ヤードから2メートルにつけて伸ばした。しかし、9番で1つ落として第2日を終了。ラウンド後はこう振り返った。

「今日はまあまあでした。(前半は)我慢のゴルフでした。(後半は)パットが入ってくれた感じで、ショットもまあまあでした。あまり焦らないで、普通に自分のペースでできた」

 日本人の父とフィリピン人の母を持つ2001年6月生まれの19歳。開幕戦で5位に入ると、プロ2戦目の国内ツアーで21世紀生まれ初の優勝者に。力強いショットや完成度の高いゴルフなどから“女ウッズ”の異名がつき、2週前のニトリレディスも制した。「まあまあ」と会心の内容ではないが、確かな実力でまたも優勝争いに顔を出している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集