[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のドネア戦ダメージ危惧 パッキャオ参謀「もう同じイノウエじゃないかも…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの感染拡大により延期となった。仕切り直しの一戦に注目が集まる中、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)の参謀は、井上が昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝のダメージを危惧。「もう同じイノウエじゃないかもしれない」と状態に疑念を呈した。フィリピン地元紙「フィリピン・スター」が報じている。

井上尚弥【写真:AP】
井上尚弥【写真:AP】

フォーチュン氏が状態を注視「イノウエが完璧に回復したかどうか」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの感染拡大により延期となった。仕切り直しの一戦に注目が集まる中、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)の参謀は、井上が昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝のダメージを危惧。「もう同じイノウエじゃないかもしれない」と状態に疑念を呈した。フィリピン地元紙「フィリピン・スター」が報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 米ロサンゼルスでジムを運営し、2003年以来、パッキャオのコンディショニングを支えてきたジャスティン・フォーチュン氏は延期になった3団体統一戦を戦う2人について持論を展開した。

 パッキャオの運営する「MPプロモーション」に所属する、いわば同陣営のフィリピン人選手については「カシメロは燃え尽きないように注意を払うことになる。週3、4日程度調整し、トレーニングをスローダウンさせる必要があるかもしれない」と語ったという。

 カシメロは2月にマイアミ入り。米国で合宿を続け、決戦の地ラスベガス入り直後に延期が決まった。順調な仕上がりを見せていたが、同氏は「新しい日程が決まるまで、60%の状態を保ち続けるべきだ。そこから3、4週間で100%まで持っていくことになる」と力説したという。

 一方で、井上については「タフでとても才能豊かだが、カシメロは本物の戦士だ。世界各地で勝利を手にし、どんな相手とどこでも戦うことを厭わない」と強調。WBSS決勝のノニト・ドネア(フィリピン)戦を振り返り、こう語ったという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集