[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリー、ワイルダー戦へ強力助っ人 ロッキー出演の“伝説のカットマン”招聘

ボクシングのWBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と2月22日に“世紀の再戦”を迎えるヘビー級元世界3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)。42勝(41KO)の怪物パンチャーとの一戦へ向け、伝説のカットマンを招聘することが分かった。英ラジオ局「トークスポーツ」が伝えている。

タイソン・フューリー【写真:Getty Images】
タイソン・フューリー【写真:Getty Images】

“世紀の再戦”へ、伝説のカットマン・デュラン氏がフューリー陣営入り

 ボクシングのWBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と2月22日に“世紀の再戦”を迎えるヘビー級元世界3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)。42勝(41KO)の怪物パンチャーとの一戦へ向け、伝説のカットマンを招聘することが分かった。英ラジオ局「トークスポーツ」が伝えている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 2020年最初のビッグマッチまで1か月を切った。世界が注目する一戦へ向け、フューリー陣営は切り札を用意している。同局の電子版では「タイソン・フューリー、ワイルダーのパンチ力から目を守るため伝説のカットマン『ジェイコブ・“スティッチ”・デュラン』を招聘」の見出しで、名物カットマンと再タッグを組むことを報じている。

 ワイルダーの強打を浴びれば無傷でいられるのは不可能。カットして出血といったトラブルは十分に想定できる。ならばと、陣営が講じた策はカットマンの招聘だ。記事によると、フューリーは昨年9月のオット・ワーリン(スウェーデン)で47針も縫う深手を負い、「ワイルダー戦でもそうしたトラブルへ対処してもらうべく、自らの陣営にデュランを招き入れた」と説明している。

 フューリーとデュラン氏の関係は2015年のウラジミール・クリチコ(ウクライナ)戦でスタートしたという。クリチコの長期政権に終止符を打ち、WBAスーパー、IBF、WBOの3本のベルトを手にした一戦でコンビを組んだ両者が、2020年に再び共闘する。

 デュラン氏は過去にはウラジミール、ビタリのクリチコ兄弟以外に、パウンド・フォー・パウンドで1位に上り詰めたアンドレ・ウォード(米国)らを担当。またUFCでもアンデウソン・シウバ、ジョルジュ・サンピエール、リョート・マチダら数々のレジェンドらを支えた経験ももつ腕利き。映画ロッキーシリーズにも出演経験があることでも知られている。

 選手が出血した際の止血役を担うカットマンの存在が、試合を左右することは往々にしてある。完全決着へ、フューリー陣営の準備に余念はない。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集