[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

食べ過ぎな子どもの肥満が心配 正しい体重管理、真っ先に「食べる量を減らす」はNG

栄養・食事の観点からジュニア世代の成長について指南する、「THE ANSWER」の保護者向け連載「強い子どもを育てる ミライ・アスリートの食講座」。プロ野球・阪神タイガースなどで栄養サポートを行う公認スポーツ栄養士・吉谷佳代氏が講師を務め、わかりやすくアドバイスする。第39回は「食べ過ぎが気になる子ども」について。

第39回は「食べ過ぎが気になる子ども」について
第39回は「食べ過ぎが気になる子ども」について

連載「強い子どもを育てる ミライ・アスリートの食講座」第39回

 栄養・食事の観点からジュニア世代の成長について指南する、「THE ANSWER」の保護者向け連載「強い子どもを育てる ミライ・アスリートの食講座」。プロ野球・阪神タイガースなどで栄養サポートを行う公認スポーツ栄養士・吉谷佳代氏が講師を務め、わかりやすくアドバイスする。第39回は「食べ過ぎが気になる子ども」について。

 ◇ ◇ ◇

 部活動やスポーツクラブなどで、毎日のように体をよく動かしていても、適正体重を上回るほど、太ってしまうお子さんはいます。親御さんのなかには、肥満や、それに関連する健康問題を心配し、「そんなに食べたら太るよ」と、ついつい、口うるさく言ってしまう方もいらっしゃるでしょう。

 体重が増えてしまうのは、「飲んだり食べたりで体に入るエネルギー量(摂取エネルギー)」が「体や頭を動かして消費するエネルギー(消費エネルギー)」を上回ることが原因です。つまり、エネルギーの収支バランスを整えれば、自然と適正体重に戻ります。

 大人の場合、体重を落としたければ、まずは食事量を調整し、食べ過ぎを抑える方法を試すのもよいでしょう。しかし、子どもの場合、「とりあえず食べる量を少なくして、体重を落とす」という方法だけは避けてほしいと思います。

 というのも、成長期にある子どもたちの体は、とにかくエネルギーと栄養をたくさん必要としているからです。また、「食べることが好き」な子どもは、言い換えると「しっかりと食べられる力がある」ということ。それは、体を大きくしたり、成長する力を最大限、引き出したりするうえでは、とても大事な力なのです。

「食べ過ぎよ」「もう少し、食べる量を減らしなさい」と言い続けると、子どもは「食べたくても食べてはいけないんだ」と考えるようになり、体の成長や心への影響が心配されます。ですから、子どもたちの体重管理をする際は、「しっかり食べられる」という良さをなるべく削らず、適正体重に戻す形が理想的なのです。

 子どもの体重管理を行う際、最初に見直したいのは、運動量をしっかり確保しているかどうかです。当連載は運動部のお子さん向けなので、この点についてはクリアされていると思います。

 次に見直すのは、食事の「内容」です。ポイントは、ボリュームはなるべく変えず、必要な栄養素をいかに摂るかを考えることです。

1 2 3

吉谷 佳代

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

江崎グリコ株式会社で健康食品開発や、スポーツサプリメントの研究開発に従事。その傍ら、多くのアスリート、学生スポーツ、ジュニアへの栄養指導、食育イベントに携わる。2013年に独立。以降、ジュニアからトップアスリートまで幅広い競技の選手に対し、栄養サポートを行う。現在、プロ野球・阪神タイガース、実業団女子バレーボール・JTマーヴェラスのチーム専属栄養士。過去には、シスメックス女子陸上競技部(2015~2020年)、Bリーグ・西宮ストークス(2014~2017年)、自転車ナショナルチーム(2013~2018年)をはじめ多くのプロ選手やジュニア選手の栄養サポート実績を持つ。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)など。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集