[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドラマ「オールドルーキー」出演の元Jリーガー 引退→転職を経たリアルな会社員生活

TBS系の連続ドラマ、日曜劇場「オールドルーキー」が6月26日からスタート。俳優の綾野剛が演じる主人公のサッカー元日本代表・新町亮太郎が、所属チームの突然の解散から現役引退を余儀なくされ、セカンドキャリアで奮闘する生き様が描かれる。

ザスパ草津時代の伊藤さん。日曜劇場「オールドルーキー」に携わるなど第二の人生で活躍中【写真:本人提供】
ザスパ草津時代の伊藤さん。日曜劇場「オールドルーキー」に携わるなど第二の人生で活躍中【写真:本人提供】

日曜劇場「オールドルーキー」にエキストラ出演の伊藤拓真さん

 TBS系の連続ドラマ、日曜劇場「オールドルーキー」が6月26日からスタート。俳優の綾野剛が演じる主人公のサッカー元日本代表・新町亮太郎が、所属チームの突然の解散から現役引退を余儀なくされ、セカンドキャリアで奮闘する生き様が描かれる。

 第1話には、スポーツブランド「アンダーアーマー」の日本総代理店である株式会社ドームのスポーツマーケティング部に所属する元Jリーガー・伊藤拓真さんもエキストラ出演。劇中で着用される、Jリーグチームのリアルなデザインを追求したユニホームの制作にも携わるなど、経験を活かした。現役時代はシンガポール、地域リーグでもプレー。引退後は別の企業に転職していたが、サッカーへの思いが再燃して現職に就いた。今後のビジョン、同様に進路に迷うアスリートへ伝えられることを聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

 ◇ ◇ ◇

 26日からスタートした日曜劇場「オールドルーキー」。J3チーム「ジェンマ八王子」が突然解散となり、所属していた37歳の元日本代表・新町は移籍先が見つからず、引退を余儀なくされる。紆余曲折を経て入社したスポーツマネージメント会社「ビクトリー」で奮闘する、第二の人生を描いたドラマだ。

 練習前のグラウンドで「ジェンマ八王子」の解散が告げられるシーン。チームの集合写真や絶句するチームメートの中に、伊藤さんの姿もあった。セリフなどはなく、撮影現場は和やかな雰囲気だったが「現場に向かう車の中では、サッカーの試合に行くような変な緊張感がありました」と笑いながら初の“ドラマ出演”を振り返る。

劇中で着用された「ジェンマ八王子」のユニホームデザイン。伊藤さんがドラマ衣装スタッフや社内のデザイナーらと作り上げた【写真:ドーム社提供】
劇中で着用された「ジェンマ八王子」のユニホームデザイン。伊藤さんがドラマ衣装スタッフや社内のデザイナーらと作り上げた【写真:ドーム社提供】

 劇中の選手がまとっている黄色いユニホームや練習着は、本物のJ3チームのような見た目を追求し、伊藤さんがドラマ衣装スタッフや社内のデザイナーらと作り上げたもの。Jリーグの規定を忠実に守り、架空のスポンサー企業の広告も入れるなど、元Jリーガーならではの知識とスポーツマーケティング部での経験を活かして“本当にありそう”な一着を生み出した。

 ドーム社が総代理店を務める米スポーツ用品メーカー「アンダーアーマー」では、一般客でも手軽にユニホームのデザイン、オーダー等ができるサービス「ユニフォームシュミレーター」を展開しており、作中のユニホームでもこの技術を活用している。

「チーム名を入れるかどうかとか、ラインの色など細部も選べます。劇中のものは、リアルなJ3のユニホームってこういう形なんじゃないかと、自分なりの考えを伝えました」

 ドラマにリンクした販売アイテムの制作なども携わった伊藤さんは、サッカー選手としては日本とシンガポールで10年間、計4チームにプロ契約で所属。厳しい環境にも身を置き、2018年限りで現役引退した。「(選手としての日々が)どれだけ楽しく、魅力があったか」も分かるだけに、今作の主人公・新町に共感できる部分もあるという。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集