[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

おもちゃ営業の元DeNA戦士 パソコン扱えなかった戦力外当時から8年「想像できない成長」

日本におけるプロスポーツの先駆けであり、長い歴史と人気を誇るプロ野球。数億円の年俸を稼ぎ、華やかにスポットライトを浴びる選手もいる一方、現役生活を終え、次のステージで活躍する「元プロ野球選手」も多くいる。そんな彼らのセカンドキャリアに注目し、第二の人生で奮闘する球界OBにスポットライトを当てる「THE ANSWER」の連載「Restart――戦力外通告からの再出発」。第8回はDeNAで8年間プレーした内藤雄太さん。

DeNAで8年間プレーした内藤雄太さん【写真:本人提供】
DeNAで8年間プレーした内藤雄太さん【写真:本人提供】

連載「Restart――戦力外通告からの再出発」第8回、内藤雄太氏はカシマヤ製作所で営業として活躍中

 日本におけるプロスポーツの先駆けであり、長い歴史と人気を誇るプロ野球。数億円の年俸を稼ぎ、華やかにスポットライトを浴びる選手もいる一方、現役生活を終え、次のステージで活躍する「元プロ野球選手」も多くいる。そんな彼らのセカンドキャリアに注目し、第二の人生で奮闘する球界OBにスポットライトを当てる「THE ANSWER」の連載「Restart――戦力外通告からの再出発」。第8回はDeNAで8年間プレーした内藤雄太さん。

 2013年秋、首脳陣から期待の言葉をかけてもらった翌日に戦力外通告を受け、トライアウトを受験するも現役引退を決意。「パソコンでメールも送れなかった」状態から再スタートを切り、現在はバッティンググローブなどの野球用品のほか、子どもが楽しめるおもちゃも扱うカシマヤ製作所で営業として活躍中。成長を遂げた今に至るまでを語ってもらった。(文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

 ◇ ◇ ◇

 内藤さんのプロ野球人生は2013年10月、思わぬ形で終焉を迎えた。

「横須賀の練習で中畑清監督に『来年の春季キャンプは1軍に呼ぶつもりでいるから』と声をかけてもらいました。でもその日、練習を終えて自宅に戻る途中、ちょうど新横浜駅の近くで球団から電話があったんです」

 電話越しに伝えられたのは「明日スーツで球団事務所に来てくれ」との言葉。動揺した。この時期にこの要請、戦力外通告を受ける状況そのものだった。

 中畑監督から声をかけられてから、僅か1時間後のことだった。「まさかクビかな?」「でも、監督に言われてのこのタイミング……」。半信半疑、モヤモヤした状態で翌日を迎えた。球団事務所に向かう途中、同僚投手の吉川輝昭と交差点ですれ違った。スーツ姿だった。

「吉川さん、もしかして……」
「クビだったよ」
「マジですか……」

 事務所では想像通り、来年の契約を結ばない旨を伝えられた。12球団の編成担当らの前で実力を披露するトライアウトの受験意思などを確認され、ほんの数分で話は終わった。自分を評価してくれていた中畑監督らが報道で戦力外を知り、球団に再考するようかけ合ってくれたが、決定は覆らなかった。

 30歳だったため「戦力外の可能性も頭にあった」とはいうが、2011年には開幕戦で中日・浅尾拓也からサヨナラ打を放つなど、内外野を守り自己最多99試合に出場している。ただ翌12年に右手中指と肘の手術を受け、13年は1軍の出場がなかった。トライアウトを受験したが、3日経ってもNPB球団から連絡はなかった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集