[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

進化止まらぬラグビーリーグワン、世界クラスの大量来日だけじゃない理由 選手も肌で実感「毎試合キツい」

国内最高峰を争うジャパン・ラグビー・リーグワンは、レギュラーシーズンを終えて5月18日から上位4チームによるプレーオフが始まる。リーグ戦では、昨季王座を逃した埼玉ワイルドナイツが圧倒的な強さを見せ16戦全勝の1位通過。覇権を賭けたノックアウトトーナメントで“野武士軍団”の躍進を止めるチームが出てくるのか。昨季のリーグ5位から2位へジャンプアップして、打倒・ワイルドナイツの急先鋒と期待の東芝ブレイブルーパス東京リーチマイケル主将、トッドブラックアダー・ヘッドコーチ(HC)に、リーグの進化、そしてプレーオフの覇権の行方を聞いた。(取材・文=吉田 宏)

BL東京でプレーするリーチマイケル、リーグワンの進化を「毎試合キツい」と実感している【写真:Getty Images】
BL東京でプレーするリーチマイケル、リーグワンの進化を「毎試合キツい」と実感している【写真:Getty Images】

リーグワン・プレーオフ展望 BL東京ブラックアダーHC&リーチ主将単独インタビュー前編

 国内最高峰を争うジャパン・ラグビー・リーグワンは、レギュラーシーズンを終えて5月18日から上位4チームによるプレーオフが始まる。リーグ戦では、昨季王座を逃した埼玉ワイルドナイツが圧倒的な強さを見せ16戦全勝の1位通過。覇権を賭けたノックアウトトーナメントで“野武士軍団”の躍進を止めるチームが出てくるのか。昨季のリーグ5位から2位へジャンプアップして、打倒・ワイルドナイツの急先鋒と期待の東芝ブレイブルーパス東京リーチマイケル主将、トッドブラックアダー・ヘッドコーチ(HC)に、リーグの進化、そしてプレーオフの覇権の行方を聞いた。(取材・文=吉田 宏)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 ◇ ◇ ◇

 “最強の刺客”を率いる闘将が、国内最強リーグの進化を振り返った。

「リーグワンは(前身の)トップリーグ時代も含めて、今シーズンが一番厳しい戦いだと思っています。どの試合も100%準備して、100%のメンタリティーで臨まないと負けてしまう。東芝(BL東京)も(三重)ホンダ(ヒート)に1点差で勝ったり、そういう試合が増えてきている。トップと下の差がどんどん狭くなっている気がします」

 誕生から3シーズン目のレギュラーシーズンを終えたばかりのリーチ主将は、今季の戦いにこんな感触を語っている。昨秋のワールドカップ(W杯)でも日本代表不動のFLとして全4試合に先発出場。世界最高峰の舞台で戦い続けた男にとっても、W杯直後に開幕したリーグは過去最高水準だと実感しているのだ。

「まず世界のトップレベルの選手、コーチが数多く来日している。ハイレベルのコーチングを受けた人たちが日本に来て、それをどんどんチームに落とし込んでいる。スキルだったり、スクラム、ラインアウト、ゲームプランだったり。後は、選手一人ひとりも上手になっていると感じています」

 スター選手が大挙して来日している現実をリーグのレベルアップの大きな要因だと認めながら、個々の能力だけではなく、選手やコーチが持つ高いスキルや経験値、取り組み方などをリーグワンに落とし込むことで、チーム自体がクオリティーを上げている。リーグワンの進化については、クルセイダーズ(ニュージーランド)、バース(イングランド)など南北半球の名門チームで選手、指導者として経験を積んできたブラックアダーHCも認めている。

「選手、コーチを含めて全体を見渡すと、やはり経験に関しての投資がしっかり出来ていると思います。世界中でも本当に優秀なコーチ陣が指導していることで、試合へ向けた1週間をどう選手に過ごさせるかという環境の面で、プロフェッショナリズムが感じられます。トレーニングをどう選手に意識させ、期待感や責任感を、どう持たせるのか。後は、全体を通じてスタンダードのクオリティーを上げることが出来ていると思います」

 就任5シーズン目の指揮官は、今季の自分たちの進化について「選手層」「リーダーシップ」「一貫性」という3項目を指摘している。これは言い換えれば、ゲームメンバー23人が、準備してきたプレーを80分のゲームの中でいかにプラン通りに遂行できるかだ。そのための選手層であり、リーダーシップであり、一貫性になる。多くの世界クラスの流入が始まって数シーズンになるが、BL東京に止まらず今季は優れた中心選手の活躍だけではなく15人全員、そしてベンチスタートの選手や、メンバー入りのチャンスを掴んだ選手たちにもクオリティーアップがみられたことが、リーグ自体の底上げに繋がっていると考えていいだろう。

1 2 3

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19、23年と7大会連続で取材。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集