[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今永昇太、2つの牽制成功をカブス監督が絶賛「とてもいい仕事」 再び防御率0点台「ショウタはいい投球」

米大リーグ、カブスの今永昇太投手は13日(日本時間14日)、敵地アトランタで行われたブレーブス戦に先発登板し5回を被安打7本、8奪三振で無失点。再び防御率を0点台(0.96)に下げ降板した。チームは0-2で敗れたものの、今永自身に勝敗はつかなかった。試合後カブスのクレイグ・カウンセル監督は「ショウタはいい投球をしていた」「勝つチャンスを与えてくれた」と手放しのほめようだ。

ブレーブス戦に先発登板したカブスの今永昇太【写真:ロイター】
ブレーブス戦に先発登板したカブスの今永昇太【写真:ロイター】

強豪ブレーブス相手に5回無失点

 米大リーグ、カブスの今永昇太投手は13日(日本時間14日)、敵地アトランタで行われたブレーブス戦に先発登板し5回を被安打7本、8奪三振で無失点。再び防御率を0点台(0.96)に下げ降板した。チームは0-2で敗れたものの、今永自身に勝敗はつかなかった。試合後カブスのクレイグ・カウンセル監督は「ショウタはいい投球をしていた」「勝つチャンスを与えてくれた」と手放しのほめようだ。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 米イリノイ州の地元放送局「マーキースポーツ・ネットワーク」の試合後番組によると、カウンセル監督は今永の投球を「ショウタはいい投球をしていた。相手は粘りを見せ、難しい打席を作っていた。いつもより不利なカウントになることが多かったが、それでも5回無失点。私たちに勝つチャンスを与えてくれた」と称えた。

 7日のパドレス戦に続き、メジャーでの自身最多となる7本の安打を許した。さらに四球も今季最多の3つと、走者を背負っての投球が多かったことについても「(相手がブレーブスということもあり)予想されていたこと」としたうえで「彼は素晴らしく乗り切ってくれた。いい先発登板だった。これからシーズンを通してこういう登板になることも出てくる」と続けた。

 特に初回、5回と2つの牽制を成功させたことについて「アクーニャは盗塁が非常にうまい走者。だからチャンスを生かさないといけない。彼(今永)は初回にとてもいい仕事をしてくれた。アルビーズの時は少し予想していたのか、うまくプレートを外してくれた」と高い技術に驚いた様子だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集