[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ドラフト待ちはしません」 復活する日産自動車野球部のこだわり…新監督が一期生に求める資質

都市対抗野球で2度の優勝を誇る社会人の名門で、2009年を最後に休部していた日産自動車の野球部が、2025年から復活する。すでにチーム作りはスタートしており、休部前に主将や兼任コーチを務め、この1月から「日産野球部復活プロジェクト」の指揮をとる伊藤祐樹さんが中心となっている。野球部が消えてから14年経ち、文字通りイチからのスタート。伊藤さんに求める選手像を問うと「ドラフト待ちはしません」ときっぱり言ってのける。どのような考えによるものだろうか。(取材・文=THE ANSWER編集部、羽鳥慶太)

「ダメなことは絶対ダメ」という日産野球で鍛えられた現役時代の伊藤さん【撮影:羽鳥慶太】
「ダメなことは絶対ダメ」という日産野球で鍛えられた現役時代の伊藤さん【撮影:羽鳥慶太】

すでに選手獲得へ動く伊藤監督が「ドラフト待ち」をしないと言うワケ

 都市対抗野球で2度の優勝を誇る社会人の名門で、2009年を最後に休部していた日産自動車の野球部が、2025年から復活する。すでにチーム作りはスタートしており、休部前に主将や兼任コーチを務め、この1月から「日産野球部復活プロジェクト」の指揮をとる伊藤祐樹さんが中心となっている。野球部が消えてから14年経ち、文字通りイチからのスタート。伊藤さんに求める選手像を問うと「ドラフト待ちはしません」ときっぱり言ってのける。どのような考えによるものだろうか。(取材・文=THE ANSWER編集部、羽鳥慶太)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 昨年末、新監督の命を受けた伊藤さんは即断即決だった。「グラウンドも選手もないところからです。大変なことはわかっていますけど『全てやります』と。監督という立場でなくてもいいと考えていたんですが……」。プロ野球のフロントのような側面支援も頭にあったが、強烈な自負があった。「日産野球部愛的に『真ん中でやるのは自分しかいないだろう』とは思っていました」。

 休部後はまず社業に専念した。選手も施設もなくなったチームが、世の中から忘れ去られないようにと奮闘してきた。「野球教室をやったり、いろいろ集まる機会はありました。でもやっぱり人は来なくなっていくんです」。チームがなくなって今年で15年目。失った時間の長さを感じる時だ。その間、ずっと細い糸を紡ぐ作業の中心にい続けたのは、愛のなせるワザだった。

 活動再開まであまり時間がない。すでに、選手集めに着手している。東京六大学や東都、首都大学リーグのチームから、挨拶回りを始めた。その上で、欲しい選手像も頭にある。「すごくいい球を投げる投手、すごく打てて守れる選手に来て欲しいのはもちろんですが……。日産自動車の野球をつくっていく上で、それだけではないと思います」。いわゆるうまい選手とは、少し違うところに基準を置いている。

「日産自動車で野球をやりたい、という思いが強い選手を取りたいと考えています。ドラフト待ちはしません。『プロに行けないから日産』という選手は求めていませんから。特に初年度の選手は一期生となるので、新生日産野球部の礎を築いていくのにふさわしいメンバーに来て欲しいと考えています」

 社会人野球チームが優秀な選手を確保しようとする時に、プロ野球の指名がかかりそうな選手に内定を出すことはままある。ドラフト会議で指名がなければ、プレーのレベルが高い選手を獲得できる。○位までに指名がなければ入社することという「順位縛り」も、よく使われる手だ。ただ伊藤さんは、プロ野球と一線を引きたいわけではまったくない。

「ここで叩き上げられて、プロに呼ばれる選手は全然いいんです。うちからプロに行った選手はみんなそうでした」

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集