[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サモア撃破を生んだ「侍タイム」の底力 逆境続きの日本、姫野和樹が伝えた試合直前の言葉

試合前、姫野から仲間へ「一人じゃない。強い絆があるから何も恐れなくていい」

 逆境をプラスに変える。日本はそうやって強くなっていく。サモア戦のウォーミングアップでは、流が球出しなどをしてサポート。キャプテンは試合直前、メンバーに伝えた。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

「みんな一人じゃない。チームとしてここまで来た。一人じゃなくてみんなで来た。自分たちには強い絆があるから何も恐れなくていい」

 高めてきたチーム力がピンチで機能する。前半37分、相手選手と顔面同士でぶつかったHO堀江翔太が一時退場。姫野は「試合の中で選手がいなくなるのは、今までもずっと経験してきた」と動じない。「チームの中で同じ絵を見てプレーすることが凄く重要」。14人になっても同じ。全員が意識を共有し、日本のラグビーを展開した。

 17-8の後半4分には22メートルラインの突破を許したが、姫野が代名詞のジャッカルでボール奪取。鬼の形相で雄叫びを上げ、手を叩きながら仲間を鼓舞した。さらに同9分、敵陣残り約10メートルの右ラインアウトからモールで押し込み、自身のトライで22-8と突き放した。

 会見で自己評価を問われても、「自分の評価は皆さんにしてもらえればいい。僕はチームが勝てればそれでいい」と謙虚な姿勢は崩さない。次戦10月8日のアルゼンチン戦に勝てば、史上初となる2大会連続の決勝T進出だ。

「そこまで自分たちを大きく変える必要はない。今まで通りチームが同じ絵を見て、一貫性を持っていくことが大事」

 まだ課題はあるが、どれも日本の伸びしろ。頼れる主将を中心に、侍たちがフランスで刀を振るう。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集