[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥が挑む「階級の壁」打破 制限時間は5年、Sバンタム級制覇が「本当の最終章」

ボクシングの世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、神奈川・横浜市内のホテルで会見し、4つの王座返上とスーパーバンタム級転向を発表した。2018年5月から9試合で数々の伝説を残したバンタム級に別れを告げ、新たな階級に殴り込み。「本当の最終章」と掲げ、体格差に挑んでいく。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

横浜市内の会見でポーズを取り撮影に応じる井上尚弥【写真:浜田洋平】
横浜市内の会見でポーズを取り撮影に応じる井上尚弥【写真:浜田洋平】

井上尚弥がバンタム級王座返上

 ボクシングの世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、神奈川・横浜市内のホテルで会見し、4つの王座返上とスーパーバンタム級転向を発表した。2018年5月から9試合で数々の伝説を残したバンタム級に別れを告げ、新たな階級に殴り込み。「本当の最終章」と掲げ、体格差に挑んでいく。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 井上は新たな挑戦によだれを垂らしていた。「強さを追い求めたい」。10キロに及ぶ減量苦の影響もある。しかし、新階級へ手を伸ばす理由は明白だった。

「強さを追い求めたいというのが自分の中にあるからこそ、スーパーバンタム級に挑戦したい。バンタム級でモチベーションが『ちょっとな』と思うこともある。パフォーマンスが下がってまでやりたいとは思わないので、スーパーバンタム級でやりたい」

 18年5月、ジェイミー・マクドネル戦の112秒TKOから始まったバンタム級。5か月後のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)初戦はファン・カルロス・パヤノを70秒KOで退け、世界中に衝撃を与えた。英国でエマヌエル・ロドリゲスを粉砕し、WBSS決勝でノニト・ドネアと死闘。ラスベガスでも実力者2人を葬り、ついにアジア人初の4団体統一を成し遂げた。

「体格はバンタム級が一番の適正階級ですが、バンタム級ではやり残したことがなく、戦いたい相手がいない。そういう状況でスーパーバンタム級への挑戦を決意した。自分よりデカい相手への挑戦。ここから先が本当の戦いとなる」

 これまで「適正階級でやるのが一番大事」と信条に置いてきたが、それを上回るほど「挑戦」を欲した。上限53.5キロのバンタム級デビューから4団体統一まで4年7か月。最初から完璧にフィットしていたわけではなく、徐々に体をつくり上げ、無双を誇るまでになった。

「スーパーバンタム級もそれくらいの年月が必要」と、1.8キロ重い新階級も「適正」にしていくことは変わらない。

「バンタム級に上げた当時より(昨年の)ドネア2とバトラー戦は見るからに体つきが違った。体をつくるのはそれだけ時間がかかる。スーパーバンタム級に上げても、年月をかけてトレーニングした方が階級にアジャストしていく。その方向で考えています。

 階級を上げたから減量が楽になるという考えではない。2、3年先を見てトレーニングしていきたい。現状でも王者クラスと戦える自信はあるけど、スーパーバンタム級で『敵なし』という状態をつくるには時間がかかる。(大橋秀行)会長は『フェザー級でも』と言っていますが、自分はその考えではなく、このスーパーバンタム級が適切だと思えるようにしていきたい」

 相手のパンチ力、身長、フレーム、耐久力も変わる階級転向。階級制のスポーツであり、多くの名ボクサーが「階級の壁」を味わってきた。井上は同門の元世界3階級制覇王者・八重樫東トレーナーの指導のもと、パワーアップを図っていく。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集