[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

揺れる高校ラグビーの土台 予選参加“3チーム以下”が7県、深刻な出場校&部員数の減少

102回目の“花園”――全国高校ラグビー大会は1月7日、東福岡の6大会ぶり7度目の優勝で幕を閉じた。今季も多くの熱戦、激闘が繰り広げられたが、華やかな強豪同士の戦いの一方で、都道府県予選では対戦校のメンバー不足により鳥取・倉吉東が県予選を1試合も戦わずに花園出場を決めるなど、参加校不足、部員減少に苦しむチーム、地域も増えている。日本ラグビーが発展するための基盤でもある高校ラグビーは、これからどうなるのか。前編では、当事者となった倉吉東の岩野竜二監督をはじめ、参加校不足や部員減少に苦しむ地域からの花園出場校の監督に、その実情や問題点、これからの挑戦について話を聞いた。(取材・文=吉田 宏)

ハーフタイムに監督から指示を受ける倉吉東の選手たち。わずか15人という少なさがグラウンドでも際立った【写真:吉田宏】
ハーフタイムに監督から指示を受ける倉吉東の選手たち。わずか15人という少なさがグラウンドでも際立った【写真:吉田宏】

高校ラグビーの課題と未来への挑戦・前編

 102回目の“花園”――全国高校ラグビー大会は1月7日、東福岡の6大会ぶり7度目の優勝で幕を閉じた。今季も多くの熱戦、激闘が繰り広げられたが、華やかな強豪同士の戦いの一方で、都道府県予選では対戦校のメンバー不足により鳥取・倉吉東が県予選を1試合も戦わずに花園出場を決めるなど、参加校不足、部員減少に苦しむチーム、地域も増えている。日本ラグビーが発展するための基盤でもある高校ラグビーは、これからどうなるのか。前編では、当事者となった倉吉東の岩野竜二監督をはじめ、参加校不足や部員減少に苦しむ地域からの花園出場校の監督に、その実情や問題点、これからの挑戦について話を聞いた。(取材・文=吉田 宏)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 ◇ ◇ ◇

 東福岡が圧倒的な力を見せて、今季の花園は幕を閉じた。王者にも、敗れていったチームの中にも、これからの日本代表を背負う可能性を持つ好素材を数多く見ることができたが、開幕前には日本ラグビーの未来にも影響しそうなニュースが報じられた。

『1試合もせず「花園」 鳥取予選が投げ掛けた高校ラグビーの課題』

 昨年12月9日付けの毎日新聞(電子版)の見出しだ。3チームが参加した鳥取県予選だったが、1回戦に参加予定だった米子工、倉吉総合産が、試合を満たす選手を揃えることができず、ともに辞退を申し出た。そのためシードされていた倉吉東が、決勝戦を行わずに5大会ぶり12度目の花園出場を決めたのだ。

 その倉吉東は花園の1回戦第1日の第1試合に登場すると、出場30回を誇る宮崎・高鍋に0-66とスコアレスで敗退した。出場校最速で花園を去ることになったが、実力も経験値も、そして選手層も差がある相手に、弾き返されても粘り強くタックルに入り、まとわりつき、60分間抵抗し続けた。何度も吹っ飛ばされ、ボールを繋がれ、最後は独走される場面も多かったが、相手のアタックを1歩でも遅らせようと体を張り、再び走り続ける姿が印象的だった。

 苦しいチーム運営を続けながら部員たちを全国の舞台に連れてきた同高OBでもある岩野竜二監督は、真っ先に花園の夢を終えた選手たちを称えた。

「選手は立派だったと思います。諸事情で試合に出られない子が4人いたので、選手たちにはその子の分までということと、しっかり価値のある時間を過ごしましょうという話をしてきました。彼らなりに最後まで体を張り続けてくれたので、そこは価値があったと思います」

 試合前、発表されたメンバーリストを見て驚かされた。当初は19人の選手登録を予定していたが、リストに書かれた選手はわずか15人。つまり交代選手なしの布陣で戦うことになった。試合後に、岩野監督は理由を「感染症のため」と言葉少なに語ったが、取材する側は、よくぞ試合が成立する人数に感染者を押しとどめてくれたという、監督、スタッフ、そして選手たちへの称賛の思いしかなかった。

1 2 3 4 5 6

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19、23年と7大会連続で取材。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集