[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「既存のボクシングファンをABEMAに」 プロモーター・亀田興毅が描く業界再興の道筋

元世界3階級制覇王者・亀田興毅氏がプロデュースするボクシング興行「3150FIGHT Vol.4」が、6日にエディオンアリーナ大阪で行われる。WBO世界ミニマム級王者・谷口将隆が2度目の防衛戦、IBF世界同級5位・重岡銀次朗(ともにワタナベ)が世界初挑戦を予定。ダブル世界戦のほか、興行の全カードをABEMAが無料生配信する。

プロモーターとして興行の盛り上げに奔走する亀田興毅氏【写真・浜田洋平】
プロモーターとして興行の盛り上げに奔走する亀田興毅氏【写真・浜田洋平】

「1.6」に初の世界戦開催、プロモーター・亀田興毅氏に直撃・前編

 元世界3階級制覇王者・亀田興毅氏がプロデュースするボクシング興行「3150FIGHT Vol.4」が、6日にエディオンアリーナ大阪で行われる。WBO世界ミニマム級王者・谷口将隆が2度目の防衛戦、IBF世界同級5位・重岡銀次朗(ともにワタナベ)が世界初挑戦を予定。ダブル世界戦のほか、興行の全カードをABEMAが無料生配信する。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 亀田氏は現役引退後、地元・大阪にプロボクシングジムを設立し、会長に就任。そして、新世代プロボクシングイベント「3150FIGHT(サイコウ・ファイト)」を立ち上げた。2021年12月に第1回を開催。2022年8月にはジムの会長職を実弟の亀田大毅氏に譲り、自身はプロモーターに専念。今回が自身の手掛ける4回目の興行となる。「最高のボクシングの再興」を掲げる36歳の若きプロモーターは、頭に何を描いているのか。前編では「3150FIGHT」の現状、ファン獲得への考えなどを語ってもらった。

 ◇ ◇ ◇

 1月6日は亀田氏が初めて手掛ける世界戦。谷口と重岡の公開練習が行われていた12月、プロモーター活動の現状について聞いた。

 2021年12月の第1回に続き、「3150FIGHT」は22年にも4月と8月に開催された。自身の肩書きは「ファウンダー(創業者)」。スポンサー営業、マッチメーク、ファイトマネーの交渉、広報活動など多方面の業務に携わっている。

――「ファウンダー」の業務は、元来のプロモーターと異なるのでしょうか。

「一緒じゃないですかね。ファウンダーというのは創始者。初めにつくった人。だから、2代目のファウンダーはないんですよ」

 ジム制度を敷く日本は各ボクシングジムが興行を主催する。一方、亀田氏は自身が興行主となり、プラットホームとしてジム主催ではないボクシングイベントを提供。安定的にファンを増やしていこうとしている最中だ。

――現在の業務は何でもやっているのでしょうか。

「そうです。どんな大企業でも立ち上げた時は社員1人です。起業した人。これがファウンダーです。例えば会社には営業本部、管理本部、財務部、法務部とかがあるけど、初めは部署すらないんです。社長1人やから。社長が兼務してどんどん規模が大きくなってきたら、それぞれに人が増えてくる。今度は営業本部の中に〇〇部が出てきますよね。

 僕もボクサーとして生きてきたからボクシングでしか例えられないですけど、同じじゃないですか。選手も初めは1人。でも、上のクラスになってくると、カットマンが必要、バンテージを巻くのがうまい人が必要、栄養士、フィジカルトレーナー、どんどん増えてくるわけですね。その過程で人気も出てきて、そこにお金も使えるようになってくる。会社と同じです。

 言っても、今はできて1年。まだまだよちよち歩きから、ちょっとつかまり立ちするようになったぐらいの規模です」

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集