[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4番でエースだった熊代聖人が“主役”を辞めた日 自分を押し殺し、貫いた12年+3年間

来季からプロ野球・西武の2軍外野守備・走塁コーチに就任する熊代聖人氏。愛媛・今治西高時代は、打っても投げてもまさに主役だったが、プロではユーティリティープレーヤーに。高3年夏に対戦し、コールド負けを喫した筆者にとっては、驚きの変貌ぶりだった。一体、どんな経緯があったのか。長年の疑問を本人にぶつけた。(取材・文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉、敬称略)

高校時代は主役だった熊代氏がプロではユーティリティープレーヤーになった経緯とは【写真:球団提供】
高校時代は主役だった熊代氏がプロではユーティリティープレーヤーになった経緯とは【写真:球団提供】

西武・熊代聖人インタビュー取材後記、高校時代から変わったプロ12年の背景とは

 来季からプロ野球・西武の2軍外野守備・走塁コーチに就任する熊代聖人氏。愛媛・今治西高時代は、打っても投げてもまさに主役だったが、プロではユーティリティープレーヤーに。高3年夏に対戦し、コールド負けを喫した筆者にとっては、驚きの変貌ぶりだった。一体、どんな経緯があったのか。長年の疑問を本人にぶつけた。(取材・文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉、敬称略)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

「熊代、引退」のニュースを目にして、どうしても本人に話が聞きたくなった。筆者にとって、高校時代に対戦した数少ないプロ野球選手だったから。

 忘れもしない2007年7月26日の愛媛県大会準々決勝。筆者が「4番・一塁」で出場した松山北は、熊代擁する今治西に0-7の7回コールド負け。全く歯が立たず、最後の夏を終えた。

 当時の彼は、県下No.1の投手であり、No.1の強打者だった。

 2日前の試合で延長12回を投げていた。それでもこの日、「4番・投手」でマウンドに立った熊代は直球もスライダーもキレキレ。松山北はわずか1安打、筆者は3打数無安打2三振と手も足も出なかった。「あいつ、プロで活躍するんだろうな」。明らかな実力差が、対抗心すらかき消した。

 その夏の甲子園。熊代は、打っては文星芸大付の好左腕・佐藤祥万(元DeNAなど)から豪快な決勝ソロを放ち、投げても近江戦で2安打完封するなど8強入りに貢献。社会人を経て、プロで12年間を過ごした。勝手だけれど、いつしか尊敬の念を抱いていた筆者にとっても、引退は大きな出来事だった。

 球団に取材を申し込むと、快く了承してもらえた。「覚えてるよ!」と出迎えてくれた熊代の笑顔を見て、あの夏の惨敗がちょっとだけフラッシュバックした。

 熊代は驚くほど記憶力が良かった。松山北に唯一許した安打も「3番の子が二塁強襲のヒット打ったよね」と即答。「あと、誰かに死球を当ててしまったけど、一塁牽制でアウトにして……ごめんねって(笑)」。こちらが言われて思い出すようなシチュエーションすら覚えていた。

 当時の彼は、観客が多ければ多いほど燃えるヒーロー気質だった。「皆、俺を見てくれてる! ってアホみたいな考え方してたから(笑)」。幼少期は、意外にも恥ずかしがり屋で学芸会など「無理」。ただ、ユニホームを着てマウンドに立つと、打者を抑える楽しさから堂々と主役になれた。

 そんなヒーローが、どんな経緯で万能戦士に変わっていったのか。長年の疑問だった。中田翔、唐川侑己、佐藤由規の「高校BIG3」が注目された平成元年世代。投打の活躍なら熊代だって凄かった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集