[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、強すぎるがゆえの苦悩 「ヒリヒリする技術戦」を求め、4階級目の新領域へ

ボクシングの世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が14日、WBO王者ポール・バトラー(英国)との4団体統一戦から一夜明け、神奈川・横浜市内の所属ジムで会見した。前夜は東京・有明アリーナで11回1分9秒KO勝ちし、アジア人初、世界9人目の4団体統一を達成。強すぎるがゆえに早期KO勝ちを求められる苦労、「ヒリヒリする技術戦」を求めて階級を上げることなどを明かした。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

井上尚弥は「ヒリヒリする技術戦」を求めて階級を上げる【写真:浜田洋平】
井上尚弥は「ヒリヒリする技術戦」を求めて階級を上げる【写真:浜田洋平】

井上尚弥が一夜明け会見

 ボクシングの世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が14日、WBO王者ポール・バトラー(英国)との4団体統一戦から一夜明け、神奈川・横浜市内の所属ジムで会見した。前夜は東京・有明アリーナで11回1分9秒KO勝ちし、アジア人初、世界9人目の4団体統一を達成。強すぎるがゆえに早期KO勝ちを求められる苦労、「ヒリヒリする技術戦」を求めて階級を上げることなどを明かした。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 笑いながらも、珍しく後ろ向きな言葉に聞こえた。一夜明け、井上は11回を戦ったとは思えないほど綺麗な顔で取材対応。記者たちに囲まれながら本音を漏らした。

「やっぱり勝ち方を問われるから苦しくなる。結果を出すだけ、勝つだけなら楽しくボクシングができるんですよね。昨日はバトラーが亀になったので、会場の雰囲気も『長引いてるぞ』というのはなかった。『あれ? あれ? もう5ラウンドだぞ』ってなっているとやりにくいじゃないですか(笑)」

 バトラーが防御最重視のスタイルを貫き続けたのは、見ている側もわかる。だから、長いラウンドになってもボクシングファンには大きな消化不良感は生まれなかったはずだ。

 それでも、世界初となる「4団体全KO奪取」の大記録が懸かった一戦。「(KOは)チラついたし、お客さんのそういう声も聞こえた。プロとして見せるべきものを見せたかった」。11回開始前、ギアを上げるポーズを取り、結果的に仕留めきった。

 もはや瞬殺KOが代名詞と思えるほど、次元の違いを見せつけてきた。たった70秒で世界王者経験者を倒したことだってある。「期待を超える試合をする」。自らを追い込み、モチベーションに繋げるためにも強気の発言をしてきた。

 勝ち方へのこだわりはあるのか。そんな問いに「対戦相手による。調整試合、格下相手にタラタラやっていてはダメですけど、トップ戦線での試合はひとまず勝つことが重要」と強調する。しかし、直後に「あまり勝ち方、勝ち方って言わないでください(笑)。バンタム級ではいいんですよ。でも、階級制のスポーツなので」と続けた。

 ファンが求めるもの、メディアの注目は知っている。その重みは背中で受け止めてきた。「期待を感じるし、そうじゃないといけないと思う。期待を超えることはいつものように目指してやりたい」と、今まで大事にしてきた超一流としての気構えを崩すことはない。ただし、この先はこれまでと異なる領域に入っていく。1.8キロ重いスーパーバンタム級への挑戦だ。

「スーパーバンタム級は倒しに行ったから倒せる領域じゃないです。170センチ台前半がゴロゴロいるし、(165センチの自身は)体格的にも劣ってくる。戦い方を考えないといけない」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集