[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コロナ禍に阻まれた17歳の快進撃 長崎美柚を強くした「シングルスで勝つ」という執念【世界卓球】

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が30日に中国・成都で開幕する。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、4年ぶりの開催となる世界最強国決定戦。男女別に行われ、日本は男子4人、女子5人が代表に名を連ねた。「THE ANSWER」では開幕4日前から当日まで連載を実施。日本代表全選手の想いを伝え、大会を盛り上げる。

2019年12月、ダブルスでITTFワールドツアーグランドファイナルに出場した長崎美柚【写真:Getty Images】
2019年12月、ダブルスでITTFワールドツアーグランドファイナルに出場した長崎美柚【写真:Getty Images】

「世界卓球・日本代表連載」、開幕まであと3日―第2回は長崎美柚

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が30日に中国・成都で開幕する。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、4年ぶりの開催となる世界最強国決定戦。男女別に行われ、日本は男子4人、女子5人が代表に名を連ねた。「THE ANSWER」では開幕4日前から当日まで連載を実施。日本代表全選手の想いを伝え、大会を盛り上げる。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 27日の第2回は長崎美柚(みゆう・木下グループ)が登場。2019年は快挙の連続で注目を浴びたが、コロナ禍の影響で破竹の勢いが止まった。団体戦は2大会連続代表入りの20歳。次世代のエース候補が、昨年の代表落ちで流した涙を糧に世界と戦う。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平、協力=テレビ東京)

 ◇ ◇ ◇

 2019年、止められそうにない快進撃だった。9月のアジアジュニアで優勝を飾り、中国人選手の連覇を21でストップ。11月には世界ジュニアで日本女子初制覇を果たした。快挙はシングルスだけじゃない。12月、木原美悠(みゆう)とペアを組んだITTFワールドツアーグランドファイナル準決勝で世界卓球女王の中国ペアから大金星。そのまま大会を制し、年間女王に輝くと、「Wみゆう」として一躍脚光を浴びた。

 だが、17歳の勢いは突如ストップした。相手は未曽有のパンデミックだった。

「毎日練習。中学1年生から日本に長い期間いたことがあまりなかったので、凄く違和感がありました。正直、早く試合がしたいっていう気持ち。モヤモヤがありました。そのままの勢いで行きたかったんですけど、断ち切られた感じがして。凄くアンラッキーだった。なんかもったいないなっていう感覚」

 長崎は抗うことができなかった当時を振り返る。20年の世界卓球は中止に。「今できることを一つずつ頑張ろう」。着実に、一歩ずつ。21年4月からはTリーグの所属先を、木下アビエル神奈川から大阪の日本生命レッドエルフへ変更した。

「2024年のパリオリンピックを目指すにあたって、自分がどこで卓球をしたら一番強くなれるのか。それを考えた時に、自分にとって厳しい選択をした方がいいと思った」

 リーグ3連覇中だった強豪に入り、2学年上の伊藤美誠、早田ひな、平野美宇らを脅かす存在として地力をつけていった。

 21年の世界卓球は個人戦。「やっぱり代表になりたい。自分がどれだけできるか試したい」。強い気持ちで8月末の代表選考会をターゲットにした。しかし、大会前から調子を崩し、予選リーグを2位通過。決勝リーグを前に涙が止まらなかった。

「次の試合もずっと止まらないまま試合に入っていた。気持ちが凄く崩れていて、自分の中で記憶に残る大会だった」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集