[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子テニスで衝撃の自滅 真剣勝負なのに“逆さまラケット”で海外あ然「何だこれ」

25日にフランスで行われた男子テニスのモゼール・オープン決勝で“珍ショット”が大ブーイングを浴びた。アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)が返球の際に思いもよらぬラケット捌きからのトリックショットを打ちながら自滅。ATP公式中継サイト「テニスTV」が動画を公開し、「冗談だろ」「彼はおかしい」と海外ファンから呆れかえったコメントが寄せられている。

アレクサンダー・ブブリク【写真:ロイター】
アレクサンダー・ブブリク【写真:ロイター】

モゼール・オープン決勝でブブリクが珍ショット

 25日にフランスで行われた男子テニスのモゼール・オープン決勝で“珍ショット”が大ブーイングを浴びた。アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)が返球の際に思いもよらぬラケット捌きからのトリックショットを打ちながら自滅。ATP公式中継サイト「テニスTV」が動画を公開し、「冗談だろ」「彼はおかしい」と海外ファンから呆れかえったコメントが寄せられている。

 真剣勝負の場で、多くのファンが目を疑った。ロレンツォ・ソネゴ(イタリア)との決勝では第1セットを落とし、第2セットも1-3とリードを許す中で迎えたブブリクのサービス。30-40の場面で強烈なサーブを相手のバック側に繰り出すと、ソネゴはラケットに当てるのが精一杯で、山なりのボールがネット際に返ってきた。

 そこでスマッシュ……と思いきや、なぜかブブリクは打つ直前にクルリとラケットを回して逆さまに持ち替え、なんとグリップ部分でリターンした。これをソネゴに返されてしまい、自身の返球はネットを越えずポトリ。この失点で、観客からはブーイングが起こったが、ブブリクは笑っていた。

「テニスTV」公式ツイッターが動画を公開すると、海外ファンからは「決勝でやるなんて」「冗談だろ」「彼はおかしい」「この男といったら」「何だこれ」「信じられない」「何て言ったらいいか」と呆れかえるようなコメントが寄せられた。試合はソネゴが7-6、6-2のストレートでブブリクを下して優勝した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集