[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「生きるために稼ぐって感じです」 早大アメフト部出身でNPBを目指す23歳吉村優の今

吉村はドラフトまでの残り2か月をプロに入って活躍するための時間にしたいと話す【写真:徳島インディゴソックス提供】
吉村はドラフトまでの残り2か月をプロに入って活躍するための時間にしたいと話す【写真:徳島インディゴソックス提供】

ドラフトで結果出なければ挑戦に区切り「『良い経験だった』で終わらせたくない」

 ドラフトまで残り2か月。趣味は本屋巡りという読書家。自らの野球選手としての売りを「考える人であること」と表現する。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

「例えば、3アウトを取ってマウンドから降りてくる時に何を考えるか。何を野手に声かけるか。ベンチも含めて全員でピッチングをするのが、僕がやりたいこと。それがやれたらプロに近づくと思うし、結果を残せる投手はそんな投手じゃないかと思います。

 ベンチに帰る時、3つのアウトをどう取ったか思い出して反省し、電光掲示板を見直して、次の回は何番からだからこう抑えようと思うのと、何も考えずに帰るのでは全然違う。野球は“間”が多いスポーツ。“間”に何をするかもピッチングの一つです」

 そうした思考の深さがあるから、これまでも伸びてきたし、これからも伸びていけると信じている。

 このドラフトで結果が出なければ、プロ野球を目指した競技生活には区切りをつける。「この1年を本気でやりきるため」と最初から決めていた期限。大学アメフト部出身、そして、現役大学院生が指名されれば、プロ野球の歴史に間違いなく名前が刻まれる。

「『良い経験だった』で終わらせたくない。『よく頑張ったね』と言われて終わることが一番嫌い。そう言われないためには結果を残すしかない。残り2か月、プロに入るのがゴールではない。プロに入って活躍するための時間にしたい。スタンドから見た時に『プロ野球選手っぽいな』と思ってもらえるような投手になりたい」

 すべてをかけた挑戦。「10.20」は、人生を変える1日だ。

【第1回】指名漏れから1年、「久留米のギータ」は四国の本塁打王に 23歳井上絢登のNPBへの渇望
【第2回】公務員も考えた大学生が卒業半年でNPB注目に 人生が激変した23歳茶野篤政という原石
【第3回】甲子園で清宮幸太郎にHR浴びた球児は今 野木海翔、25歳 153km剛腕のNPBラストチャンス

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集