[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

出版社社長でラグビー協会の仕掛け人 異色の指導者が“原石”発掘に情熱を注ぐ理由

キャンプは感染対策をしながら実施、間食が用意されるなど体作りもサポートした【写真:吉田宏】
キャンプは感染対策をしながら実施、間食が用意されるなど体作りもサポートした【写真:吉田宏】

指導するコーチに欠かせない資質

 指導陣もユニークだ。ゴリ以外にも元東芝府中FL中居智昭(スカイアクティブズ広島ヘッドコーチ)、元三洋電機CTB三宅敦(ワイルドナイツスポーツプロモーション)、元ヤマハ発動機WTB中園真司(日野自動車)ら、国内ラグビーを盛り上げてきたOB選手が並ぶ。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

「コーチの顔ぶれは、全部自分でオーガナイズさせてもらった。この合宿はツアーに行って勝つというのじゃなく、選手たちに武器と志を作ってあげたい。そこに向いているコーチにお願いした。彼らは選手に武器を与える職人だと思う。(中園)真司も、たまたま(高校、所属チームが一緒だった大田尾)竜彦から紹介してもらった。『あいつ、真っ直ぐでいいですよ』とね。高校生に向いていると思うんです」

 積極的に若いコーチを仲間に加えているのは、自身のこれからも視野に入れている。「コーチングの仕方、TIDも僕がやるのはそろそろ終わりにしたいと考えている。彼らみたいな若いやつで、これからやっていってほしい」と後輩たちへの期待を語るゴリだが、メンバーにはコーチとしてスキルだけではない、欠かせない“資質”も重視して声をかけている。

「(高校の)先生方と一緒に飲めるやつじゃないとだめだと思う。それを、ちょっとお高くとまって『日本協会から来ました』なんてちらっと来て、(チームと)別のホテルに泊まるようなやつじゃないんですよ。1泊3000円で3食ついてくるようなスポーツセンターに泊まって、みんなで同じ飯を食って、酒飲んでバカやって……。そうすると『あ、そうだ。あそこの高校にビッグマンいたらしいよ』とか、ふわっと情報が来るようになる」

 そんな人間関係を、コーチとして、そして教科書出版社の営業マンとして築いてきたからこそ、今の“ビッグマン&ファストマンキャンプ”がある。

「面白いですよ。最初は、僕がこのキャンプに見合う選手を全国9ブロックに探しに行っていたけれど、それでも合宿に予定していた人数枠が埋まらなかった。でも、いろいろな先生、関係者と繋がっていくなかで、僕のところに情報がどんどん集まってくるようになった。情報の矢印が真逆になっている。だから、僕以外の人が受け持っても、今は『こんな選手がいる』という情報はどんどん上がってくる。合宿に呼べる選手数も最初の40人から、今は170人に広がっていますから」

1 2 3 4 5 6

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19、23年と7大会連続で取材。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集