[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本やり投げ界の歴史を変えた北口榛花 今だから笑える「満遍なく辛かった」原石の重圧【世界陸上】

オレゴン世界陸上が22日(日本時間23日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第8日が行われた。女子やり投げ決勝では、北口榛花(JAL)は63メートル27で銅メダルを獲得。五輪を通じ、投てき種目日本女子初のメダル獲得という歴史的快挙を達成した。メダルではなく、あえて入賞を目標にした今大会。将来を嘱望された「原石」の一員として、周囲の期待と闘ってきた日々だった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

世界陸上女子やり投げ、投てき種目日本女子初のメダル獲得という歴史的快挙を達成した北口榛花【写真:Getty Images】
世界陸上女子やり投げ、投てき種目日本女子初のメダル獲得という歴史的快挙を達成した北口榛花【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が22日(日本時間23日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第8日が行われた。女子やり投げ決勝では、北口榛花(JAL)は63メートル27で銅メダルを獲得。五輪を通じ、投てき種目日本女子初のメダル獲得という歴史的快挙を達成した。メダルではなく、あえて入賞を目標にした今大会。将来を嘱望された「原石」の一員として、周囲の期待と闘ってきた日々だった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 もう冷静でいられない、いる必要がない。北口は泣きじゃくった。最終試技を終え、スタンド最前列に降りてきたチェコ人コーチのデービッド・セケラック氏と抱擁。直後に銅メダル確定を知る。日の丸に身を包み、口を覆いながら泣いた。

「なかなかうまくいかない時期もたくさんあった。海外で過ごす時間が長くて、家族と一緒に過ごせなかったり、友だちと遊べなかったり、コーチとたくさん喧嘩したり。このメダルで日本女子やり投げ界の勢いを加速できたらいい」

 試練を乗り越えるビッグスローだった。1投目に62メートル07を投げ、暫定2位に。5投目まで記録を伸ばせず、同5位に転落した。「これは乗り越えなけきゃいけない局面だ」。高校時代、勝負強かった自分を脳裏に蘇らせた。「私は6投目にできる子」。最後の一投。高い放物線を描いたやりが芝生に突き刺さった。世界の観客をも沸かせる63メートル27。再び2位に浮上した。

 しかし、本人はメダル圏内に届いていないと思い、その場でしゃがみ込んだ。「ああ、ダメだった」。もう一度大型モニターを確認。「2番になってない!?」。あんぐりと開いた口を閉じられない。コーチのもとへ走った。直後に米国選手に抜かれたが、4位とは2センチ差の銅メダル。抱擁する師弟に周囲の観客から労いの拍手が送られた。

「正直、ダメだと思っていた。後ろの2人が強いと分かっていたので、絶対に抜かれると思って『ダメだ、ダメだ……』とコーチに言っていたけど、抜かれなかった時になんかもう良くわからなくて。ほっとした安心感が強かった。自然に涙が出てきました」

 ライバルたちと順番にハグ。カメラを向けられると、泣き顔に持ち前のスマイルが入り混じった。メダリストたちのウィニングラン。「私も走っていいの? 3位も走っていいの? 1位だけなのかな」。日の丸がオレゴンになびいた。

 一本のやりのごとく、真っすぐに自分を貫いた。やり投げ王国チェコのセケラックコーチに19年から師事し、同10月に21歳にして66メートル00の日本記録を更新。リオ五輪銀メダル相当の好記録を叩き出し、東京五輪に向けて期待の新星として脚光を浴びた。日に日に高まる周囲の期待。「かなり早いスピードの成長を求められた気がした」。五輪は日本勢57年ぶりの決勝に進んだが、予選後に抱えた左腹斜筋の肉離れの影響で12位に終わった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集