[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山下美夢有、迷いを消した新ルーティン メジャー初優勝の裏で全ショットで実践

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯最終日が8日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われた。「新世紀世代」の20歳・山下美夢有(加賀電子)が3バーディー、2ボギーの71で回り、通算12アンダーで初のメジャー優勝を大会史上初の完全Vで飾った。ツアー優勝は昨年のKKT杯バンテリンレディスオープン以来2勝目。2位は通算9アンダーの青木瀬令奈、3位は通算6アンダーで稲見萌寧、石川明日香の2人。2位から出た安田祐香(NEC)は通算4アンダーで7位だった。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

ワールドレディスサロンパス杯で初のメジャー優勝を果たした山下美夢有はトロフィーを持ってニッコリ【写真:Getty Images】
ワールドレディスサロンパス杯で初のメジャー優勝を果たした山下美夢有はトロフィーを持ってニッコリ【写真:Getty Images】

国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯最終日

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯最終日が8日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われた。「新世紀世代」の20歳・山下美夢有(加賀電子)が3バーディー、2ボギーの71で回り、通算12アンダーで初のメジャー優勝を大会史上初の完全Vで飾った。ツアー優勝は昨年のKKT杯バンテリンレディスオープン以来2勝目。2位は通算9アンダーの青木瀬令奈、3位は通算6アンダーで稲見萌寧、石川明日香の2人。2位から出た安田祐香(NEC)は通算4アンダーで7位だった。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 最終18番パー4。60センチのウイニングパットを決めた山下はニコリと笑って、キャディーと強く手を握った。スタート前、6打あった差は3打に詰められたが、初日から首位を守る堂々の完全優勝。約1年前の初優勝は無観客試合だったが、この日は6642人の観客が詰めかける中、2勝目とメジャー初優勝をつかんだ。

「昨日の夜から緊張していました。こんなたくさんのギャラリーの前でプレーすることも初めてで、終わってからも緊張していました(笑)」

 コーチでもある父・勝臣と決めたマネジメントと目標は「センター狙いでノーボギー」だったが、どちらもできなかった。同組の安田、青木が1番パー4からバーディーを奪い、自身はなかなかスコアを伸ばせなかった。前半終了時で2位青木とは3打差になった。11番パー4では「攻めていかなければ」と思い、第2打をグリーンオーバーしてボギー。焦りは増したが、青木もボギーで救われた形になった。

 そして、12番パー5で3メートルのパットを決めてバーディー。15番パー3でもスコアを伸ばし、16番パー4は78ヤード残った第3打をピン下1メートルに寄せてパーセーブした。終わってみれば71。山下はそれがうれしかった。

「これだけプレッシャーがかかる中で、スコアはアンダーで回れたことが自信になります。今日は(64をマークした)初日と同じで100点です」

 会見では「最近、焦りがあった」と打ち明けた。笹生優花、西郷真央と同じ2001年度生まれの「新世紀世代」で、高3でプロテストに合格。ツアー初優勝は早かったが、その後、思うようなゴルフができずに優勝から遠ざかっていた。その間に笹生が全米女子オープン(21年6月)を制し、西郷は今季序盤で4勝を飾った。一方で自身は前週まで3週連続予選落ちで「精神的にもつらいところでした」と振り返った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集