[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前園真聖、遠藤保仁らを育成 鹿児島の名将、「どげんかせんと」で極めた独自の指導論

スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。今回は高校サッカーの名門、鹿児島実業の礎を築いた名将の言葉から、各地域が持つアイデンティティと育成の関係について説いている。

鹿児島実業高出身の遠藤保仁。日本代表として長年活躍した【写真:Getty Images】
鹿児島実業高出身の遠藤保仁。日本代表として長年活躍した【写真:Getty Images】

連載「世界で“差を生む”サッカー育成論」:部活が育んだ日本サッカーの地域色

 スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。今回は高校サッカーの名門、鹿児島実業の礎を築いた名将の言葉から、各地域が持つアイデンティティと育成の関係について説いている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 かつて日本サッカーの育成は、一個の強烈なカリスマによって成り立っていた。端的に言えば、高体連のサッカー部の顧問。その個性が高校サッカーでブランド化し、次々にタレントを生み出してきた。

「考えられない」

 欧州や南米の関係者にとって、それは信じられないことだ。

 今や日本も主流になりつつあるが、クラブチームでの指導が世界では一般的である。学校教育の中でのサッカー指導でプロ選手を生み出すケースは非常に珍しい。いわんや、大学まで進学してサッカーを続け(大学には籍を置いていても、サッカー部所属はあまり考えられない)、プロになるなど異例だ。

 しかし、日本では「部活」がサッカーを育んできた。実は、それが地域色を打ち出し、独自性にもつながったとも言われる。教育を第一とする日本の土壌に合っていた側面も間違いなくある。

 そこで、「故きを温めて新しきを知る」のも一つの育成論と言える。かつてのことを持ち出すと、精神論で括られることもあるが、決して一括りにはできない。先人の知恵と努力があった。

 2008年11月、筆者は鹿児島市、高台に立つ鹿児島実業高校を訪れている。桜島を一望する景色は絶景だった。「鹿実」と呼ばれたサッカー部は、高校選手権で2度の優勝を経験するなど、強豪として名を轟かせ、多くの日本を代表する選手を出すことになった。城彰二、前園真聖、遠藤保仁、松井大輔、伊野波雅彦、平瀬智行など枚挙にいとまがない。

1 2 3

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集