[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋大輔のような選手は「育てられない」 中2から指導、恩師が語る親子すら超えた絆

隆盛を極める近年の日本フィギュアスケート界には、次々と新たな才能が頭角を現している。北京五輪でも男子シングルで鍵山優真が銀メダル、宇野昌磨が銅メダル、女子シングルでは坂本花織が銅メダル、そして団体でも史上初めて銅メダルを獲得と、素晴らしい結果を手にした。

2010年バンクーバー五輪での高橋大輔(左)と長光歌子コーチ【写真:Getty Images】
2010年バンクーバー五輪での高橋大輔(左)と長光歌子コーチ【写真:Getty Images】

連載「名伯楽のフィギュアスケート論」最終回、理想を追求し続けた高橋大輔の姿

 隆盛を極める近年の日本フィギュアスケート界には、次々と新たな才能が頭角を現している。北京五輪でも男子シングルで鍵山優真が銀メダル、宇野昌磨が銅メダル、女子シングルでは坂本花織が銅メダル、そして団体でも史上初めて銅メダルを獲得と、素晴らしい結果を手にした。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 そうした成功の土台を作った1人と言えるのが、数々のスケーターを育ててきた長光歌子コーチだ。高橋大輔を中学時代から長年指導し、2010年バンクーバー五輪での日本男子初の銅メダル獲得に導いた。そんな歴史を築いた名伯楽が語る「フィギュアスケート論」。最終回は4回転時代の先駆けとなった高橋の挑戦と、後輩たちに受け継がれていくものについて話を聞いた。(取材・文=小宮 良之)

   ◇   ◇   ◇

――長光先生にとって、高橋大輔選手はどのような存在でしょうか? やはり、息子同然ですか?

 そう訊ねると、長光コーチはいたずらっぽく笑って言った。

「どうですかね。彼にとっては、遠い親戚のおばちゃんくらいの感じだと思います(笑)」

 しかし、その絆はある意味で親子すら超える。高橋が中2から週末の練習で長光宅に寝泊まりするようになり、大学入学後は下宿生活。ともに海外を転戦し、スケートを探求した戦友だ。

 その足跡は、まさにフィクションを超えるドラマだった。一つの戦いが違う物語を生み出し、それは次なる戦いにつながり、やがて日本フィギュア界で金字塔を打ち立てた。2人はシングルとアイスダンスで袂を分かったが、深いところでは今も強くつながっている。

――長光先生は、2014年に高橋選手にさいたまでの世界選手権を回避させ、そのまま一度、引退したことを「最大のミスリード」と言ってらっしゃいました。しかし、高橋選手の“満たされない飢え”が物語の伏線だったのかもしれません。結果として2018年に高橋選手は復活し、さいたまでの世界選手権出場権をつかみました。諸事情から棄権しましたが、今年3月、アイスダンス代表として出場することになった世界選手権(フランス・モンペリエ開催)は、来年にさいたまで開催される世界選手権につながるはずで……。

「大輔の人生はいつもそうですが、それも巡り合わせというのですかね。しかも、その前に実は(2010年の)バンクーバーオリンピックの後にあった(2011年の)さいたまでの世界選手権で現役を辞めようと思っていたんです。でも、日本開催だからもう1年やろう、と思って。そこで東日本大震災があって、モスクワでの代替開催になったんです。それで(2014年のソチ五輪まで)続けることになったんですが」

1 2 3

長光歌子

関大アイススケート部コーチ 
1951年生まれ、兵庫県出身。66年の全日本ジュニア選手権で優勝するなど選手として実績を残すと、引退後は指導者として多くのスケーターを育てる。高橋大輔を中学時代から指導し、2010年バンクーバー五輪で銅メダル、同年の世界選手権で優勝に導いた。フィギュアスケートをこよなく愛し、現在は関大アイススケート部コーチを務める。

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集