[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

失格に涙した高梨沙羅、復帰初戦Vに安堵の一礼 SNS感動「笑顔似合う」「凄い精神力」

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は2日、ノルウェー・リレハンメルで個人第14戦が行われ、高梨沙羅(クラレ)が130メートル、132メートルを飛び、合計291.5点で優勝。涙した北京五輪から復帰初戦で、見事今季2勝目を挙げた。優勝が決まると安堵したような笑顔に。表彰台でも嬉しそうな様子に、日本のファンからも「スポーツ選手って凄い」「朝起きて胸熱」などとコメントが書き込まれている。

リレハンメルで行われた個人第14戦でジャンプする高梨沙羅【写真:AP】
リレハンメルで行われた個人第14戦でジャンプする高梨沙羅【写真:AP】

復帰初戦のW杯で優勝、仲間とハグして「ありがとうございます」

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は2日、ノルウェー・リレハンメルで個人第14戦が行われ、高梨沙羅(クラレ)が130メートル、132メートルを飛び、合計291.5点で優勝。涙した北京五輪から復帰初戦で、見事今季2勝目を挙げた。優勝が決まると安堵したような笑顔に。表彰台でも嬉しそうな様子に、日本のファンからも「スポーツ選手って凄い」「朝起きて胸熱」などとコメントが書き込まれている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 高梨は北京五輪で個人ノーマルヒル4位。その後行われた混合団体では1回目のジャンプでスーツ規定違反により失格。2回目に98.5メートルをマークし、着地後は涙を流した。約1か月振りの復帰戦となったが、いずれも130メートルを超えるジャンプで優勝を掴んだ。

 2本目のジャンプを終えて優勝を確認すると、安堵したような笑顔に。仲間とハグをかわし「ありがとうございます」と感謝した後、中継カメラに向かって胸に手を当てて一礼した。その後の表彰台でもスキー板を持った右手を突き上げ、明るい表情を見せた。

 国際スキー連盟(FIS)は実際の映像を公開。日本のファンからも「笑顔が見られて良かった」「スポーツ選手ってすごいなあ」「朝起きて見たら胸熱なった」「笑顔と勇姿がよく似合います」「朝から喜ばしいニュース」「すごすぎる精神力」「この一本を飛ぶためにどれほどの勇気と覚悟が要ったことか」などと祝福のコメントが書き込まれていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集