[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネット高校の「N高東京」がフィギュア選手を応援する理由 紀平梨花らが1万7000人の光に

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

「N高等学校」が紀平梨花をはじめとする高校生アスリートを支援する理由とは【写真:Getty Images】
「N高等学校」が紀平梨花をはじめとする高校生アスリートを支援する理由とは【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#61 連載「銀盤のささえびと」第5回・N高等学校後編

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 連載「銀盤のささえびと」では、選手や大会をサポートする職人・関係者を取り上げ、彼らから見たフィギュアスケートの世界にスポットライトを当てる。今回は「N高東京」後編。19、20年全日本女王の紀平梨花(21年卒)を代表格に多くのフィギュアスケート選手を支援する通信制高校「N高等学校」。後編はアスリートクラスを創設し、高校生アスリートを支援する理由について聞いた。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 フィギュアスケート選手が所属し、知られるようになった「N高」。不登校だった生徒もいれば、東大を目指す生徒もいる、生徒1万7000人の異色の「ネット高校」はなぜ、彼らを受け入れ、応援するのか。

 37人が在籍する同校の「アスリートクラス」でフィギュア選手は、アイスダンス全日本ジュニア2連覇の吉田唄菜、昨年の全日本ジュニアに出場した垂水爽空、ドイツに拠点を置いて昨年のドイツ選手権女王・畑川彩の3人。さらに、テニスのウィンブルドンジュニアで優勝した望月慎太郎のほか、サッカー、バレーボール、サーフィン、スノーボード、スケートボードなど競技は多岐にわたり、パリ五輪出場が期待される逸材もいる。

 2016年のN高創設に携わり、2020年4月に「アスリートクラス」も作った奥平博一校長は「私がN高を作る前からスポーツをトップレベルでやりながら、どう学校に通うか悩んでいる生徒は多かった」と支援の背景を語る。

 以前から通信を利用し、選手を受け入れるスポーツの強豪私学はあった。「それでは学校として応援する形は取れない。行きやすいから所属はしているけど、指導を特別受けるわけでもない」。通信制の新しいスポーツ支援を目指したアスリートクラスを立ち上げた。一般生徒と同様、レポートの提出・スクーリングの出席・テストの受験の3つの項目を完了し、単位を認定する。

 特徴は競技に生かせる授業の充実だ。体作りに必要な栄養学やトレーニング方法に加え、いまどきらしいSNS活用術など、各ジャンルの専門家を招待。本校がある沖縄・うるま市でJリーグ入りを目指すクラブチーム・沖縄SVを立ち上げ、アスリートクラスの顧問を務めるサッカー元日本代表FW高原直泰さんのほか、柔道の元世界女王・山口香さんらも、世界で戦うアスリートの心構えを説く。

「インターネット環境さえあれば、時間も場所も選ばず、どこでもできる」と奥平校長が語る通り、アスリートのメリットは大きい。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集