[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

髪飾りを落としたら減点?バク宙もNG? フィギュアスケートの意外と知らない禁止事項

元フィギュアスケート日本代表で「THE ANSWERスペシャリスト」を務める中野友加里さんは、ビギナーファン向けに競技にまつわる素朴な「17のギモン」に答えるミニコラムを大会期間中、毎日掲載。10問目は「意外と知らない禁止事項」。

エキシビションなどで披露されるバク宙も競技会では禁止されている【写真:Getty Images】
エキシビションなどで披露されるバク宙も競技会では禁止されている【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#62 中野友加里が答える「17のギモン」10問目

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

 元フィギュアスケート日本代表で「THE ANSWERスペシャリスト」を務める中野友加里さんは、ビギナーファン向けに競技にまつわる素朴な「17のギモン」に答えるミニコラムを大会期間中、毎日掲載。10問目は「意外と知らない禁止事項」。

 ◇ ◇ ◇

 フィギュアスケートにも競技特有のルールがある。ファンなら有名なものの一つが、衣装の一部が落下すると減点とされるというもの。審判員の資格を持つ中野さんが解説する。

「確かにその通りですが、実は衣装だけではありません。アクセサリーをはじめ髪飾りなど『身につけている物を落とすこと』で減点になります。フィギュアスケートで人気プログラムである『白鳥の湖』は白鳥をイメージした羽根がついた衣装を着る選手もいますが、その羽根も落としたらいけません。次に演技する選手への安全性への配慮からも必要なことです」

 選手たちがこだわる衣装も規定がある。

「男子選手を見ていると、長袖長ズボンが当たり前であると気づかれるかもしれません。神聖なスポーツであるフィギュアスケートは清潔感が求められ、それは男性も同様。わき毛やすね毛を見せないようにすること。そのため、男子選手はノースリーブやハーフパンツで肌の露出が多い選手はいません。一方で、女子選手も裸を連想させるような衣装も禁止されています」

 演技では「バク宙」は安全性から禁止されているものの代表例。

「審判員をしている立場からいうと、さらに細かい規則で、ステップ・シークエンスの中で規定数以上のジャンプやスピンを連想させる動作をしたら、1つの要素とみなされる可能性があります。また、転倒は体重の過半が身体のエッジ以外の部分が氷上に支えられた状態になったら減点です。SPは2分40秒、フリーは4分と規定(プラスマイナス10秒)されており、1秒でもオーバーしてしまっても減点です。

 音楽の時間は決まっているのに『なぜ?』と思われるかもしれません。例えば、演技中に転倒してしまい、起き上がって再開すると遅れが生じ、高いレベルを獲得するため、規定された要素を何とか最後までやりきってレベルは獲れたものの結果的に音楽より長くなってしまう。スピンのレベルを落として時間を短縮するなど、多少の取りこぼしを覚悟で時間内に終わらせるかどうか、難しい判断になることがあります」

1 2

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集