[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦は「本当に優しいスケーター」 ブレード職人が靴で気づいた「心の美しさ」

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

北京五輪男子で4位だった羽生結弦【写真:AP】
北京五輪男子で4位だった羽生結弦【写真:AP】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#49 連載「銀盤のささえびと」第4回・ブレード研磨職人後編

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 連載「銀盤のささえびと」では、選手や大会をサポートする職人・関係者を取り上げ、彼らから見たフィギュアスケートの世界にスポットライトを当てる。第4回後編は「ブレード研磨職人が見た羽生結弦」。シューズの底に取り付けられた「ブレード」と呼ばれる刃の部分を研ぐ職人。この道10年になる38歳の櫻井公貴(きみたか)さんはかつて羽生に携わった時、素直な性格と靴に表れた超一流選手の違いを見た。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

 ◇ ◇ ◇

 8年くらい前だったか。年月は正確に覚えていない。でも、羽生の忘れられない姿がある。

「彼はもう、本当に素直でした。周りのアドバイスを聞き入れてくれます」

 羽生が愛用するイタリアのメーカーから依頼を受け、櫻井さんが靴のサイズ選別に携わった。当時は成長期を見越して少し大きめのものを使っていたが、ちょうど体の成長が止まった時期。「サイズを一つ下げた方がいいんじゃない?」とアドバイスした。縦幅5ミリの差。繊細な感覚を持つスケーターにとって大きな違いだ。

「全然、問題ないですよ」

 返事はさらりと返ってきた。

 横浜と千葉に拠点を置く櫻井さんは、普段から羽生を見ていたわけではなく、関係が深いとは言えなかった。でも、物は試し。羽生は些細な助言もやってみてから取捨選択した。「サイズを替えるのを嫌がる選手もいますけど、彼はそういうのがなく、素直にそのまま下げてくれました」

 プロの意見を聞き、ワンサイズ小さいシューズでリンクに向かった。感触はバッチリだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集